Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

短腸症候群

執筆者:

Atenodoro R. Ruiz, Jr.

, MD, The Medical City, Pasig City, Metro-Manila, Philippines

最終査読/改訂年月 2018年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

短腸症候群とは、下痢や栄養素の吸収不良を起こす病気で、小腸の大部分を手術で切除した後によく生じます。

  • この病気は小腸の大部分(通常は全長の3分の2以上)を切除した後によく生じます。

  • 下痢が主な症状です。

  • 手術後、患者は静脈から栄養と水分の投与を受けます(静脈栄養)。

  • 静脈からの栄養補給を生涯続けなければならない場合もあります。

  • ロペラミドやコレスチラミンなどの薬が下痢の軽減に役立ちます。

小腸の大部分を切除する理由として多いのは、クローン病、小腸の大部分に血液を送る動脈の閉塞(腸間膜梗塞)、放射線による小腸の炎症(放射線腸炎)、がん、腸のねじれ(腸捻転)、先天異常です。

食べたものの消化と吸収の大半は小腸で行われます。小腸の一部を切除することで生じる結果は、切除した量と部位によって異なります。小腸の長さは約4メートルです。中央の部分(空腸)が切除されると、最後の部分(回腸)が適応して、より多くの栄養素を吸収できるようになることがあります。回腸が約1メートル以上切除されると、通常は残った小腸は適応できません。適応が生じる前、または適応が生じない場合は、脂肪、タンパク質、ビタミンなど多くの栄養素が小腸から吸収されにくくなります。回腸の最後の部分が切除されている場合、肝臓から分泌されて消化を助ける胆汁酸も腸から吸収できず、さらにビタミンB12も吸収できなくなります。

吸収不良のために下痢がしばしば起こり、典型的には手術直後から発生します。その後、低栄養とビタミン欠乏症が生じます。

短腸症候群の診断は、手術歴や症状を医師が評価した結果および診察結果に基づいて下されます。

治療

  • 完全静脈栄養(TPN)

  • ときに下痢止め薬、栄養補助食品、プロトンポンプ阻害薬

手術直後は、典型的には下痢がひどく、失われた水分と電解質を補充するために輸液が行われ、通常は静脈からの栄養補給も行われます。このような栄養補給は完全静脈栄養(TPN)と呼ばれ、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど、必要な栄養素がすべて補充されます。患者が回復して便の量が減るにつれ、徐々に経口で水分が与えられます。

小腸の大部分を切除された人(空腸の残っている部分が1メートルに満たない場合など)や、過度の水分や他の栄養素の喪失が持続している人では、TPNが生涯必要になります。それ以外の人は最終的に口から食べることに耐えられるようになります。通常、炭水化物よりも脂肪とタンパク質の多い食事が勧められます。大量の食事を少ない頻度で食べるより、少量を頻繁に食べる方がよいでしょう。

完全静脈栄養が必要な人には、テデュグルチドという薬が注射されることがあります。この薬は、完全静脈栄養の必要量を減らすのに役立つ可能性があります。

食後に下痢を起こす場合は、食事の1時間前にロペラミドなどの下痢止め薬を服用するようにします。コレスチラミンを食事と一緒に服用すると、胆汁酸の吸収不良による下痢を軽減することができます。大半の人は、ビタミン、カルシウム、マグネシウムのサプリメントを服用する必要があります。短腸症候群では、しばしば胃酸が過剰になるため、ほとんどの人がプロトンポンプ阻害薬などの胃酸分泌抑制薬も服用します。ビタミンB12を毎月注射しなければならない場合もあります。

短くなった腸に適応できなかったり、長期的なTPNに耐えられない人には小腸移植が選択肢となります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP