Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

熱帯性スプルー

執筆者:

Atenodoro R. Ruiz, Jr.

, MD, The Medical City, Pasig City, Metro-Manila, Philippines

最終査読/改訂年月 2018年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

熱帯性スプルーは原因不明のまれな病気で、熱帯や亜熱帯地方に住む人にみられ、小腸の粘膜に異常が起こり、様々な栄養素の吸収不良と欠乏に至ります。

  • 原因は不明ですが、感染が疑われています。

  • 熱帯スプルーの典型的な症状としては、貧血、色の薄い便、慢性の下痢、体重減少などがあります。

  • 診断は、この疾患が起こりやすい地域の住民やその地域に最近旅行した人にみられる症状に基づいて下されます。

  • 抗菌薬のテトラサイクリンによる治療が行われます。

熱帯性スプルーは、主にカリブ海地方、南インド、東南アジアでみられます。現地住民も旅行者(その地域に1カ月以上滞在)も発症しますが、小児はまれにしかかかりません。米国では、この病気はまれに報告されています。世界では、この数十年間で発生率が減少しています。原因は不明ですが、感染性の原因が示唆される科学的根拠があります。

症状

明るい色で柔らかく、異常な悪臭を放つ脂ぎった大量の便(脂肪便)、慢性下痢、発熱、全身のだるさ(けん怠感)、体重減少が熱帯性スプルーに典型的な症状です。その他、特定の栄養素の吸収不良による症状も起こることがあります。ビタミンB2が欠乏すると、舌がただれます。鉄やビタミンB12、葉酸が欠乏すると通常は貧血が起こり、疲労や筋力低下が現れます。

診断

  • 生検

  • 血液検査

熱帯性スプルーが多く発生する地域の住民やその地域に最近旅行した人に貧血や吸収不良の症状がみられる場合に、医師は熱帯性スプルーの診断を考慮します。

内視鏡(ライトとカメラを搭載した観察用の柔軟な管状の機器で先端まで小さなハサミを挿入できる)を用いて小腸から組織を採取し、その組織を顕微鏡で調べる検査(生検)を行うことで、診断が確定されます。医師は患者の小腸から特徴的な変化をいくつか特定することができます。通常は、寄生虫や細菌が原因ではないことを確認するために便のサンプルが分析されます。

低栄養かどうかの判定を助けるために、血液検査が行われます。

治療

  • テトラサイクリン

  • 葉酸とビタミンB12

熱帯性スプルーは通常、治療により完全に回復します。

熱帯性スプルーが疑われる人には、抗菌薬による治療が行われます。テトラサイクリンが最長6カ月間投与されます。

栄養素の補助(特に葉酸のサプリメント投与とビタミンB12の注射)が数週間にわたり行われます。必要に応じて他の栄養素の補充も行われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP