Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

薬の有効性と安全性

執筆者:

Shalini S. Lynch

, PharmD, University of California San Francisco School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2019年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

薬の開発 薬のデザインと開発 現在使用されている薬の多くは、動物実験や人間に投与する試験によって、効果が見出されました。一方、現在では多くの薬が、特定の病気を考慮して設計開発されています。病気が引き起こす異常な生化学的変化や細胞の変化を見出し、次に(体の特定の部位に作用することにより)これらの異常を防いだり修復したりする化合物を設計します。ある新しい化合物が有望だと分かると、通常は、その構造を以下の目的で何度も改良します。... さらに読む の主な目標は、有効性と安全性です。どのような 薬の概要 米国の法律では、薬は「病気の診断、治癒、緩和、治療、予防を目的として使用する物質(食品や装置を除く)」または「体の構造や機能に作用することを目的とする物質」と定義されています。(例えば、経口避妊薬は病気ではなく、体の機能に作用する薬の一例です)。こうした薬のあらゆる側面を網羅した定義は、法律を運用する上では重要ですが、日常的に使用するには... さらに読む でも、役に立つだけでなく害をもたらすことがあり、安全性は相対的なものです。通常用いられる、治療効果のある投与量と、重度の副作用や、生命を脅かす副作用を引き起こす投与量との差を安全域といいます。安全域の広い薬が望ましいですが、重体の人を治療する場合や、ほかに治療の選択肢がない場合には、安全域の狭い薬を受け入れざるを得ないこともよくあります。通常用いられる、治療効果のある投与量でも毒性を示す薬は、病状が重く、ほかに安全な代替薬がない場合を除き、使用されません。

効果があり、ほとんどの人にとって安全な薬が最も役に立ちます。ペニシリンはこうした薬の1つです。ペニシリンアレルギーの人を別にすれば、ペニシリンは大量に投与しても、毒性はほとんどありません。これに対して、かつて睡眠補助薬として広く使われたバルビツール酸系薬剤は、過剰に服用すると呼吸を抑制して、血圧が著しく低下し、死に至ることさえあります。テマゼパム(temazepam)やゾルピデムなどの新しい睡眠補助薬は、バルビツール酸系薬剤よりも安全域が広くなっています。

安全域が広く副作用がほとんどない効果的な薬をいつも設計できるとは限りません。結果、たとえ安全域が非常に狭くても、使わざるを得ない薬もあります。例えば、血液の凝固を抑える薬の1つであるワルファリンは出血を引き起こす可能性がありますが、必要に迫られて出血のリスクを受け入れなければならないときは、この薬が使われます。ワルファリンを服用している人は、血液の凝固の程度が適切かどうか(血液の凝固が多すぎたり少なすぎたりしていないか)を調べる検査を頻繁に受ける必要があります。

クロザピンは、もう1つの例です。この薬は、他の薬を服用してもどれも効果がなかった統合失調症の患者の多くに役立ちます。しかし、クロザピンには、感染から体を守るのに必要とされる白血球の産生が減少するという重篤な副作用があります。そのため、クロザピンの服用期間中は、血液検査を頻繁に受ける必要があります。

自分の治療計画をできる限り安全で効果的なものにするには、自分の病歴、現在使用している薬(店頭で販売されている市販薬を含む)、現在使用しているサプリメント 薬用ハーブと機能性食品 さらに読む (薬用ハーブを含む)、健康についてのその他の関連情報を医療従事者に詳しく伝えておくべきです。また、治療の目標や副作用の種類、その他に起こりうる問題、治療計画にどの程度自分が参加できるかなどについて、医師や看護師、薬剤師に遠慮せずに尋ねる必要があります。

薬物療法を最大限に活用する

自分の治療計画をできるだけ安全で効果的なものにするには、医師、看護師、薬剤師に以下のことを伝える必要があります。

  • 抱えている医学的問題

  • 過去数週間以内に使用した薬(処方薬、市販薬)やサプリメント(薬用ハーブを含む)

  • 薬、食品、その他の物質にアレルギーや異常な反応が起こっているかどうか、また、過去に起こったことがあるかどうか

  • 特別な食事療法を行っているか、または、食事制限を行っているか

  • 妊娠しているかどうか、今後妊娠する予定があるかどうか、あるいは授乳を行っているかどうか

さらには,以下のようなことも役立ちます。

  • 薬の製品名、一般名、またはその両方を知り、何のためにその薬を服用するのかを知っておく

  • 処方薬か市販薬かにかかわらず、薬を服用する前に容器に表示されている説明文をよく読んでおく

  • 薬を服用している理由や、薬が効いているかどうかを見分ける方法、起こりうる副作用について理解しておく

  • 薬を服用しなければならない期間を知っておく

  • 飲酒を禁止されたら、その指示を守る

  • 指示されない限り、カプセルや錠剤を服用するときに、噛んだり、切ったり、砕いたりしない

  • 家庭用のスプーンで液剤を量らない

  • 飲み忘れたらどうすべきかを知っておく

  • 表や薬の整理ケースなどの簡単な道具を使って、正しい時間に忘れずに服用できるようにする

  • 適切な場所(直射日光をさけ、子どもやペットが届かない、乾燥した涼しい場所)に薬を保管する

  • 使用期限の切れた薬は適切に廃棄する

  • 他人の処方薬は決して服用しない

  • 専門家が勧める予防策を講じたり、専門家が勧める健康づくりのプログラムなどに参加したりする

  • 薬の一覧表を常に持ち歩く

  • 受診の予約日時を守る

  • 問題が発生した場合は、すぐに診察を受ける

  • 質問がある場合は、提供者または薬剤師に連絡する

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP