Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

遺伝学の活用

執筆者:

David N. Finegold

, MD, University of Pittsburgh

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

様々な病気の理解、診断、治療を改善する上で、遺伝学をいくつかの形式で活用することができます。

遺伝子と染色体も参照のこと。)

病気の解明

2003年にヒトゲノムプロジェクトの研究チームが人間の染色体上にあるすべての遺伝子の特定と遺伝子地図の作製に成功したことにより、ヒトの遺伝学に関する理解が進展する可能性が大幅に拡大しました。遺伝学的技術を個々の遺伝子の研究に用いて、特定の疾患についてさらに解明することができます。例えば、症状に基づいて分類されていたある種の疾患が、遺伝子異常に基づいて再分類されています。

病気の診断

遺伝子検査が特定の疾患の診断に用いられています(例えば、ヘモクロマトーシスダウン症候群ターナー症候群などの染色体異常症)。

遺伝学により、どんな疾患を発症しやすいかを予測できる可能性が増しています。例えば、BRCA遺伝子に特定の異常がある女性は、乳がん卵巣がんになりやすい傾向があります。これらの予測により、各人に適した疾患の予防やスクリーニング検査が可能になります。

遺伝性疾患の出生前診断

遺伝学的特徴を評価する技術の進歩や、ヒト遺伝学についての理解の深まりによって、出生前に遺伝性疾患を診断する技術が向上してきました。一部のケースでは、出生前に診断された遺伝性疾患に対して、将来の合併症を予防する治療を行うことができます。例えば、出産前の母親に対してコルチコステロイドを投与すると、その子どもにおいて、ある種の遺伝性のホルモン欠乏症を軽減できる可能性があります。

遺伝子スクリーニング検査は、遺伝性疾患が子孫に受け継がれるリスクについて、両親と話し合う際に利用することができます。また、スクリーニングを胎児の異常の検出に利用することもできます( 出生前診断)。

知っていますか?

  • ある人がどのような疾患を発症しやすいか、特定の治療がどの程度効くかといったことを予測する際に、遺伝学が役立つかもしれません。

薬に対する反応の予測

ヒト遺伝学に対する理解が進むことで、患者の正確な遺伝学的特徴に基づいて、特定の薬がその患者にどの程度効くか予測できる可能性があります( 遺伝子の構成と薬への反応)。例えば、特定の遺伝子を用いて、抗凝固薬(「血液をサラサラにする薬」)のワルファリンの必要量を予測することができます。ワルファリンを多く服用しすぎると重篤な出血が生じ、少なすぎると薬が効かず危険なので、この予測は重要です。

また、遺伝子解析により、抗がん剤のイリノテカンを服用すると現れる副作用が耐えられないものか軽微なものだけかを予測できます。耐えられない副作用が現れる可能性の高い人は、別の薬で治療することができます。

さらに遺伝子解析では、人がどのくらい速く鎮痛薬のコデインを代謝し反応を示すかを明らかにすることもできます。コデインの代謝が速い人では、コデイン代謝副産物が体内で高濃度に蓄積して、それが呼吸を促す無意識の仕組みを妨げることがあります。こうした迅速な代謝により、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療で扁桃摘出術とアデノイド切除術を受けた後、コデインを投与された小児が死亡しています。

疾患の治療

病気に侵された組織(がんなど)を対象とする遺伝学は、抗がん剤などの医薬品開発を行う製薬会社が治療目標をより正確に特定するのに役立ちます。例えば、抗がん剤のトラスツズマブは、乳がん遺伝子HER2/neuが関与する乳がんの、特定のがん細胞を標的とします。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP