Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

医療過誤

執筆者:

Charles Sabatino

, JD, American Bar Association

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

患者は、健康上の被害を受けたと感じた場合に、医療従事者を訴えることができます。訴訟原因や訴訟手続きは多岐にわたります。医療過誤訴訟で勝訴するには、一般に以下のすべてを証明する必要があります。

  • 行われた医療が、同様の医療従事者が同様の状況で行うであろう一般的な医療の水準を満たしていなかった。

  • 医療従事者と被害者との間に業務上の関係があった。

  • 標準的な医療からの逸脱が原因で、患者が被害を受けた。

訴訟を心配するあまり、医師は必ずしも患者の利益にならない行動をとることがあります。例えば、小さな訴訟リスクでさえも回避するために、医師が患者の便益よりリスクが勝る検査や治療を指示することがあります。不必要な検査のリスクには、放射線曝露やときには誤った検査結果(さらに不要な検査につながることがある)などがあり、これらはときに合併症(けがや放射線曝露など)を伴い、誤診や不要な治療につながることさえあります。治療を必要とする問題が検出される可能性が極めて低い場合は、検査のリスクが便益を上回ることがあります。

患者は処置を受ける前に、すべての検査と提案されている治療法の相対的な便益とリスクについて、医師と話し合う機会を求めるとよいでしょう。ほとんどの医師は、医療過誤訴訟に対する最も優れた防御策について、効果的な医療を提供し、親密で信頼しあえる協力関係を患者と築くことであると理解しています。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP