Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

死が訪れたとき

執筆者:

Elizabeth L. Cobbs

, MD, George Washington University;


Karen Blackstone

, MD, George Washington University;


Joanne Lynn

, MD, MA, MS, Altarum Institute

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

死は医師や看護師などの資格をもつ人によって、適切なタイミングで公式に宣告されなければならず、その死の原因と状況も認定を受けなくてはなりません。こうした条件を満たす手段は、米国内でも地域によって異なります。患者が家で死を迎えたいと考えているならば、その家族は今後予想されることや、しなければならないことを前もって調べておく必要があります。ホスピスケアを受けていれば、通常はホスピスの看護師が必要な手順を説明してくれます。警察官やその他の役人を呼ばなければならない規定がある地域では、家族はそれを把握しておき、公的機関に患者は自宅で死を迎える予定であることを事前に知らせるようにします。ホスピスや在宅ケアプログラムは、家族に不愉快な思いをさせないように、役所への報告を行うのが慣例となっています。ホスピスや在宅ケアサービスが関与していない場合、家族はできれば患者が亡くなる前に監察医や葬儀社の責任者に連絡を取り、今後予想されることを教えてもらいましょう。保険の請求、金融口座へのアクセス、死者に所有権のある不動産の譲渡、財産の清算には、死亡診断書が必要です。死亡診断書のコピーは数十部以上が必要になることも少なくありません。

解剖(剖検)を求めたり、それに同意したりするのは気が進まないものですし、しばしばその費用は保険の対象外です。解剖によって死を招いた病気についての詳しい知識を得ることができ、家族が死の原因についてより明確に理解できるようになる場合もあります。解剖後の遺体は、葬儀社や家族の手で葬儀の準備が施されます。解剖でできた傷は衣服で隠されます。解剖を行うかどうかは、患者の生前に決めておいた方がよいでしょう。その方が、死の直後に決めるよりもストレスが少ないはずです。

葬儀の前準備をしたり、費用の前払いをしておけば、家族はとても楽になります。また、死後の遺体の扱いに関する患者の希望も知っておくとよいでしょう。埋葬の仕方から研究目的での献体に至るまで、いくつかの選択肢があります。多くの場合、愛する人を追悼するための葬式や集会が開かれます。死の直後に近親者だけで葬儀を済ませる家族もあれば、数週間後または数カ月後に追悼式を行う家族もあります。

愛する人の死後、残された人たちが前向きに生きていけるかどうかは、故人との関係、故人の年齢、故人の死の前後に経験したこと、頼りにできる精神的、経済的支えなどによって決まります。また、家族には、故人の期待にこたえることができたかどうかを確かめ、安堵したいという気持ちがあります。この疑問がぬぐえないときは、故人の死の数週間後に医師と話し合うとよいでしょう。近親者を失ったほとんどの人は6カ月以上にわたって深い悲しみに暮れ、その中で不信、怒り、抑うつ、孤独、人生の方向性の喪失、切望などの感情を経験します。悲しみは時間とともに薄れていきますが、喪失感は消えません。人は死に打ち克つことはできませんが、死を受け入れ、前向きに生きることができます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP