Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

受診の最大限の活用

執筆者:

Michael R. Wasserman

, MD, Los Angeles Jewish Home

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

受診の前に相談したい事柄を整理して準備をしておけば、医師や他の医療従事者との時間を最大限に生かすことができます。(医療の最大限の活用に関する序も参照のこと。)事前に準備しておくと、医療専門家とのより効果的なコミュニケーションに役立ちます。情報や質問は、受診の前に書き出しておくとよいでしょう。

初診

かかりつけ医の初診時には、医師の選択に関する質問や、今までに尋ねたことがない質問、再度尋ねる必要がある質問をするとよいでしょう( 自分に合っている医師か?)。さらに、以下のような質問も役に立ちます。

  • 夜間や週末に突然健康上の問題が生じた場合、どのように対処すればよいですか。

  • 検査結果はどうやって知ればよいですか(例えば、検査結果を尋ねる場合の電話連絡先や電子メールアドレス)。

  • 事前指示書(リビングウィルや医療判断代理委任状など)はなぜ必要なのですか。事前指示書を準備するにはどうしたらよいですか。

事前指示書がすでにある場合は、医師の診療記録用にコピーを渡すか、原本を持参してコピーをとってもらいます。市販薬、薬用ハーブ、ビタミン剤など、服用中の薬があれば、それらすべてを診察時に持参しましょう。

初診時に医師は、過去や現在の健康状態、近親者の健康状態、治療、検査、生活習慣といったことを尋ねます。また医師が尋ねなくても、以下のような情報を把握しているか医師に確認するべきでしょう。

  • 個人的、文化的、スピリチュアルな背景など、医療の判断に影響を及ぼす可能性のあること

  • 過去の入院、在宅医療サービスの使用、専門医や他の医療従事者(代替医療も含む)による治療に関する情報、およびその医療従事者らの氏名や施設名、住所、電話番号

  • すでに予定されている診断検査や治療についての情報

  • 運動習慣、睡眠習慣、食事(カフェインの摂取など)、性行為、喫煙、医療従事者の処方ではない薬物(アルコール、市販薬、薬用ハーブなど)

こうした情報を伝えることは、ケアの質を改善することに役立ち、医療専門家の交代を円滑にします。例えば、かかりつけ医には、受診したことのある他の医療従事者や施設の連絡先を伝えるべきでしょう。そうすることで、関係する医療専門家が互いにコミュニケーションをとりやすくなります。また、かかりつけ医が診療記録などの情報のコピーを入手することにも役立ちます。

再診

患者は受診のたびに、自分の医療に関する情報をすべて医師に認識してもらうための確認リストを作成するとよいでしょう。以下のような内容を記します。

  • 健康に関連した質問

  • 心の健康の問題を含めた各症状や医学的な問題

  • 薬を服用して生じたことのある副作用

  • 別の医療従事者に勧められた診断検査や新しい治療

  • 処方通りに薬を服用していない場合には、その理由(例えば、「薬を飲むと胃けいれんが起きる」「薬を買うお金がない」など)

  • 主要なライフイベント(退職、婚姻関係の変化、家族の死、引越など)を含めた、個人的情報の変化

リストは書き留めておきましょう。時間の限られた診察では、言いたかったことを忘れやすいものです。またリストには優先順位もつけておき、最も重要な項目は1番目に記載します。症状は、過小や誇張のないよう注意しながら、できるだけ正確に細かく説明します。受診の前に、その病気にかかったことがある人や勧められた診断検査や治療を受けたことのある人について書かれたものを読んだり、そうした人と話をすると、より具体的で有益な質問ができるかもしれません。

医師やスタッフに記入してもらわなければならない書類(保険、学校、就職関係の書式など)があれば持参しましょう。有効な保険証や必要な紹介状も持参し、診療費の支払い手段も確保しておきましょう。

診療の予約時間の10~15分前に着くようにすれば(初診時は特に)、スタッフが余裕をもって保険証を確認し、必要な書類への記入をすませることができます。

受診のときには、医師の言うことを注意深く聞き、デリケートな問題(膀胱のコントロールや性行為など)でも、できるだけ正直に隠さず答えることが肝心です。治療や侵襲的な診断検査の検討時には、以下の内容を確認しましょう。

  • その治療はどのくらい効果があるか。その診断検査はどのくらい正確か。

  • 検査結果によって、治療がどのように変わるか。

  • 副作用の可能性はどのくらいか。

  • 他の選択肢はあるか。

  • その治療の具体的な目標は何か。

  • 治療中はどんな点に注意して経過をみていけばよいのか。

  • 治療や検査に関する他の質問。

分からないことがあれば説明してもらい、もしあれば指導書や資料をもらいましょう。医師に指導内容を書き出してもらい、診察の最後にそのメモを患者が復唱するようにすれば、指導内容を理解したかどうかを確認できます。うまく伝わっていなければ、医師がその場で訂正します。診察中にメモをとることも役立つはずです。文面での指導を受けられない場合や、視覚や発話、聴覚に問題がある場合は、他の方法で情報を把握します。例えば、指導をテープに録音したり、必要に応じて家族や友人に指導書を読んでもらったりします。薬を買いに薬局へ行くときも、同じ方法が使えます。

帰る前に、質問や症状のリストをチェックしながら、十分でない点は何でも医師に質問しましょう。多くの質問が残った場合、医師は次の予約を入れるか、看護師、薬剤師、栄養士といった他の医療従事者への紹介状を書き、さらなる情報提供と指導を行います。

診察後、勧められたフォローアップの予約日をすべてスケジュールに入れておきます。処方せんに従って調剤してもらい、医師や薬剤師からもらった資料をしっかり読みましょう。また、ケアに関する重要な事柄を記録しておくために日記をつけるのもよいでしょう。例えば、頭痛が続いている人は、頭痛が起こる時間、頭痛のきっかけになること、薬の効き目などを記録するとよいでしょう。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP