Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

受診のタイミング

執筆者:

Michael R. Wasserman

, MD, Los Angeles Jewish Home

最終査読/改訂年月 2017年 10月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

定期的な受診

一般に、予防的ケアには、かかりつけの医師、歯科医、眼科医を定期的に受診するとよいでしょう。女性の婦人科の診察 婦人科疾患の診断 さらに読む には、かかりつけ医か婦人科医を受診するとよいでしょう。かかりつけ医に、どのようなケアが必要か、どの程度の頻度で受診する必要があるかといった計画を立ててもらいます。通常、乳児や高齢者は予防的な診察を頻繁に受ける必要がありますが、その頻度も健康状態によって決まります。例えば、糖尿病や心疾患の患者(あるいは、その危険因子のある人)は、比較的頻繁に健診を受ける必要があるでしょう。

異常を感じたときの受診

次の予防的診察までの間に症状や他の医学的な異常が生じたものの、医師の診察を受ける必要があるかどうか、判断しにくいことがあります。多くの症状や異常は自宅で対処できます。例えば普通のかぜは、ほとんどの場合、医師の治療は必要ありません。ちょっとした切り傷やすり傷なら、刺激の少ない石けんを使って水洗いし、抗菌薬の軟膏を塗って保護しておきます( 救命・応急手当 救命・応急手当 動物などの咬傷(こうしょう)や、その他のけがによって、皮膚の組織が切れたり、裂けたり(裂傷)、すり傷(擦過傷)や刺し傷を負ったりすることがあります。咬傷以外で傷が比較的小さく汚れていない場合、通常は特に問題なくすぐに治ります。しかし、傷口から大量に失血したり、 神経、腱、血管などの深部の組織が損傷したりする場合もあります。傷口が感染を起こすこともあります。とげやガラスの破片、布の切れ端などの異物が傷の中に入り込んだまま気づかれず、後に感... さらに読む )。

特定の病気がある人は、新たな症状が現れたら、早めに医師の診察を受けた方がよいでしょう。例えば、慢性の肺疾患(喘息 喘息 喘息は、気道が何らかの刺激に反応して狭くなる(通常は可逆性)病態です。 症状としては、特定の誘因に反応して生じる、せき、喘鳴(ぜんめい)、息切れなどが最もよくみられます。 医師は、呼吸の検査(肺機能検査)を行って喘息の診断を確定します。 喘息発作を防ぐためには、誘因となる物質を吸い込まないようにするとともに、気道の開口を保つ薬を服用する必... さらに読む 喘息 慢性閉塞性肺疾患 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 慢性閉塞性肺疾患は、気道が狭くなる状態(閉塞)が持続する病気で、肺気腫や慢性閉塞性気管支炎、またはその両方に伴って発生します。 この病気の原因として最も重要なのは、紙巻きタバコの喫煙です。 この病気になると、せきが出て、やがて息切れが現れます。 診断は、胸部X線検査と肺機能検査によって下されます。... さらに読む 慢性閉塞性肺疾患(COPD) など)の患者に呼吸困難が生じた場合や、免疫機能が低下している人が熱を出した場合は、速やかに医師の診察を受ける必要があります。免疫系は、糖尿病 糖尿病 糖尿病は体が必要とするインスリンを十分に産生しないため、血糖(ブドウ糖)値が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇き、減量しようとしていないのに体重が減少します。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすことのあるウイルス感染症です。 HIVは、ウイルスやウイルスに感染した細胞を含む体液(血液、精液、腟分泌液)と濃厚に接触することで感染します。 HIVはある種の白血球を破壊し、感染症やがんに対する体の防御機能を低下させます。... さらに読む ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 化学療法薬 化学療法 化学療法では、薬を使ってがん細胞を破壊します。正常な細胞は傷つけずに、がん細胞だけを破壊する薬が理想的ですが、大半の薬はそれほど選択的ではありません。その代わりに、一般的には細胞の増殖能力に影響を与える薬を用いることで、正常な細胞よりがん細胞に多くの損傷を与えるよう設計された薬が使用されます。無秩序で急速な増殖ががん細胞の特徴です。しかし正常な細胞も増殖する必要があり、なかには非常に速く増殖するもの(骨髄の細胞や口または腸の粘膜の細胞な... さらに読む の使用、その他の状態によって、弱くなることがあります。

医師や他の医療専門家の診察が必要かどうかを判断できない場合は、かかりつけ医に電話をして指示を受けることもできます。緊急性の少ない質問には電子メールでの問い合わせを勧めている医師もいますが、電話連絡の方がよいとする医師もいます。医師は、受診すべきときや受診の必要がないときについて、あらかじめ指針を示すことができません。同じ原因でも様々な症状があったり、異なる原因でも似た症状があったりすることが多いからです。ただし症状の中には、確実に医療従事者への電話が必要なものもあります。

icon

救急外来の受診

本当の緊急事態が起きたときは、電話で救急に連絡し、救急車で最寄りの病院まで搬送してもらうべきです。しかし、様々な症状があり、本当に急がなければならない事態なのかどうかを判断するのが難しいこともあります。生命を脅かす病気(心臓発作、脳卒中など)の症状について可能な限り事前に学ぶことは役立ちますし、適切な判断が必要になることもよくあります。命に関わる可能性があると思われたら、救急外来を受診する必要があります。以下のようなケースは、明らかに救急外来を受診する必要があります。

週末や夜間など、かかりつけ医の診察を受けられないときは、あまり重篤でない場合でも救急外来を受診するのが適切かもしれません。しかし健康保険プランの中には、生命を脅かす病気を示す症状を除いて、救急外来受診の払い戻しを受けるには、かかりつけ医にまず電話しなければならないこともあります。救急外来を受診する前に、加入している保険プランの規定を知っておくべきでしょう。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP