Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

医療の最大限の活用に関する序

執筆者:

Michael R. Wasserman

, MD, Los Angeles Jewish Home

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

患者がかかりつけの医師や看護師に医療を任せきりにする時代は終わりました。今日、最良の医療を受けるには、患者がそのプロセスに積極的に参加しなければなりません。積極的な参加とは、以下のような様々な行為を意味します。

  • 医療に関する問題について学ぶ(医療費の支払いなども含めて— 医療の経済的問題の概要を参照)

  • 定期的に医療従事者の元を訪れる

  • 医療従事者とうまくコミュニケーションをとる

  • 適切な予防的ケアを行う

  • 体調不良のサインや体の変化に常に目を配る(ほくろの色が変わった、胸や精巣にしこりが見つかったなど)

  • 各個人の医療情報を記録する

  • 事前指示書(医療判断代理委任状や臓器移植に関する要望を含む)を作成し、緊急時に利用できるようにしておく

ある病気にかかっている人にとっては、自分の健康を継続的にチェックすることも積極的な参加の1つといえます。例えば、高血圧患者は定期的に血圧を測定し、糖尿病患者は定期的に血糖値を測定するようにします。

医療従事者との良いコミュニケーション、つまり、隠し立てなく正直に情報を共有することは、より健康になるために重要なことです。良いコミュニケーションがとれれば、医療専門家は患者が抱える問題をよく理解することができ、また患者はどのように治療を受けるべきかよく理解できます。また、医療専門家と患者との間に信用と信頼関係が育まれ、患者が治療計画に従いやすくなります。インターネット上の情報( 病気を調べる)は、信頼できるものであれば(STANDS—Commentaryを参照)、患者が自身の健康や病態について理解し、医療従事者との関係を促すものとして利用できます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP