Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

セカンドオピニオンの取得

執筆者:

Michael R. Wasserman

, MD, California Association of Long Term Care Medicine

医学的にレビューされた 2019年 10月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

医師たちは、受けている訓練はみな同じようなものですが、特定の病気の診断や治療の方法について、意見が異なる場合があります。このような意見の相違は、最高の医師たちの間であっても起こる可能性があります。相違が起こるのは多くの場合、便益とリスクの根拠が明確でないことが原因です。例えば、無症状の男性に対する前立腺がん検査として、 前立腺特異抗原(PSA) 診断 前立腺がんのリスクは年齢とともに高くなります。 排尿困難、頻尿や急な尿意、血尿などの症状は通常、がんが進行するまで現れません。 この種のがんは転移する可能性があり、最も転移しやすい部位は骨とリンパ節です。 スクリーニング検査には議論の余地がありますが、症状のない男性で前立腺がんの可能性をチェックするためには、手袋をはめた指で直腸内から前立腺を診察する直腸指診や血液検査(PSA)を行います。... さらに読む 診断 を測定すべきかどうか、測定するなら時期はいつか、といった点で意見が分かれることがあります。また、医師が特定の検査や治療にどのくらい精通しているか、また、どのくらい意欲的に最新の検査や治療を実施しようとしているかによっても、患者に勧める内容は異なります。

このような理由から、別の医師のセカンドオピニオンは、何をなすべきかについての理解が含まり、より多くの情報を得られるという点で有用です。もしセカンドオピニオンが1人目の医師と同じであれば、安心でき、不安が和らぐでしょう。セカンドオピニオンが異なる場合は、選択肢を比較検討することができ、その結果、十分に情報を得た上で何をすべきか選択できます。また、サードオピニオンを受けることもできます(特にセカンドオピニオンが1人目の医師の意見と異なった場合など)。

セカンドオピニオンの取得方法

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP