Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

一般的な医学検査

執筆者:

The Manual's Editorial Staff

最終査読/改訂年月 2010年 3月| 最終ページ更新年月 2013年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

現在、様々な検査方法が広く利用されています。特定の病気または関係する疾患群に特化して行われる検査(本書では通常、これらの検査については関連する疾患のページで説明しています)も多くある中で、いろいろな病気で広く行われる検査もあります。

検査を行う理由は様々で、その理由としては以下のものがあります。

  • スクリーニング

  • 病気の診断

  • 治療計画が立てられるように病気の重症度を判断する

  • 治療に対する反応をモニタリングする

ときには、同じ検査が複数の理由で行われることがあります。血液検査により、赤血球の数があまりにも少ないこと(貧血)が分かることがあります。同じ検査で、治療後に赤血球の数が正常に戻ったかどうかを調べます。ときには、スクリーニングや診断のための検査と同時に治療が行われることもあります。例えば、大腸内視鏡検査(大腸の内部を観察用の柔軟な管状の機器を使って調べる検査)では、腫瘍(ポリープ)を発見した際に、検査中にそれらを切除することもできます。

検査の種類

医学の検査には様々な種類がありますが、それらの線引きが不明瞭になることがよくあります。例えば、胃の内視鏡検査では胃の中の様子を確認するほか、検査用に組織のサンプルを採取することもできます。医学的検査は通常、以下の6種類のいずれかに属します。

体液の分析

以下の体液が最もよく分析されます。

  • 血液

  • 尿

  • 髄液(脳と脊髄の周囲を流れている体液)

  • 関節内の体液(滑液)

まれに、汗、唾液、消化管から採取した液体(胃液など)も分析されます。ときには、異常がある場合にのみ行われる検査もあります。例えば、腹部にたまった体液(腹水)や、肺を覆う膜と胸壁の内側の膜の間の空間にたまった液体(胸水)を調べる検査です。

画像検査

画像検査では、全身または特定の部位について、体の内部の画像を撮影します(画像検査の概要 画像検査の概要 画像検査は、体の全体または一部の「内側」を画像化する検査です。画像検査は、病気の診断、重症度の判定、診断後のモニタリングを行う上で役に立ちます。大半の画像検査は痛みを伴わず、比較的安全で、体に負担をかけません(すなわち、皮膚を切開したり、器具を体内に挿入したりする必要がありません)。... さらに読む )。単純X線検査が最も一般的な画像検査です。その他、超音波検査、放射性同位元素を用いたRI(核医学)検査、CT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI(磁気共鳴画像)検査、PET(陽電子放出断層撮影)検査、血管造影もあります。

内視鏡検査

観察用の管状の機器を使って体内の臓器や空間(体腔)を直接観察する検査です。たいていは柔らかい内視鏡が使用されますが、なかには硬い内視鏡が使用される場合もあります。一般に、内視鏡の先端にはライトとカメラが付いていて、医師は内視鏡を覗かなくても、テレビ画面上で映像を確認することができます。内視鏡を介して、様々な器具がしばしば体内に挿入されます。その中には、サンプルを採取するために組織を切除するための器具もあります。

通常、内視鏡検査は以下のような体の開口部から内視鏡を通すことによって行われます。

  • 鼻:喉頭(喉頭鏡検査)または肺(気管支鏡検査)を調べます

  • 口:食道(食道鏡検査)、胃(胃鏡検査)、小腸(上部消化管内視鏡検査)を調べます

  • 肛門:結腸、直腸、肛門を調べます(大腸内視鏡検査)

  • 尿道:膀胱を調べます(膀胱鏡検査)

  • 腟:子宮を調べます(子宮鏡検査)

しかしながら、場合によっては、開口部を新たに作らなくてはならないときもあります。皮膚や皮下の組織の層を小さく切開して、内視鏡が体腔に入るようにします。そういった切開は、以下のような部位の内部を観察するために行われます。

  • 関節(関節鏡検査)

  • 腹腔(腹腔鏡検査)

  • 両肺の間の胸部エリア(縦隔鏡検査)

  • 肺および胸膜(胸腔鏡検査)

身体機能の測定

一般的に、身体機能は様々な臓器の活動を記録し、分析することによって測定されます。例えば、心臓の電気活性は心電図検査により測定し、脳の電気活性は脳波検査により測定します。肺が空気をためる能力、空気を取り込んだり吐き出したりする能力、酸素と二酸化炭素を交換する能力は、肺機能検査によって測定します。

生検

組織のサンプルを採取し、通常、顕微鏡を用いて調べる検査です。この検査では、主に炎症やがんなどの疾患の根拠となる異常細胞の有無を調べます。よく調べられる組織としては、皮膚、乳房、肺、肝臓、腎臓、骨が挙げられます。

遺伝物質の分析(遺伝子検査)

遺伝物質の分析には通常、皮膚、血液、骨髄から採取した細胞が使われます。細胞を調べて、染色体や遺伝子(DNAを含む)に異常がないかを確認します。遺伝子検査は以下のように行われます。

  • 胎児:遺伝性疾患がないかどうかを調べます

  • 小児および若年成人:病気にかかっているか、あるいは病気になるリスクについて調べます

  • 成人:ときに、子や孫などの親戚が特定の病気にかかる可能性を調べるのに役立ちます

リスクおよび結果

どんな検査にも何らかのリスクが伴います。ここでいうリスクとは、検査中に損傷を負う可能性、または結果が異常であった場合にさらに検査が必要になる可能性です。追加の検査は、しばしば高額あるいは危険性を伴うか、またはその両方です。医師は、検査のリスクとそれを行うことで得られるであろう情報の有用性を比較します。

検査の正常値は、大勢の健康な人たちの平均値を基準に設定した数値の範囲(基準値)で表されます。健康な人の検査結果の95%がこの範囲内に入るようになっています。しかしながら、平均値は性別および年齢によって多少異なります。検査によっては、検査機関で基準値が異なるものもあります。そのような場合、検査機関は医師に臨床検査の結果を知らせる際に、その施設の基準値の範囲を添付します。下の表は、主な検査の基準値を示したものです。しかしながら、値は検査機関によって異なるため、自身の検査結果についてはこの表の値と比べるのではなく、担当の医師に相談してください。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP