Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

がんの基本

執筆者:

The Manual's Editorial Staff

最終査読/改訂年月 2014年 12月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

がんは、細胞が異常に増殖する病気です(通常は1つの異常な細胞から発生します)。がん細胞は正常な制御メカニズムを失っているため、際限なく増殖を続けて周辺の組織に広がり、離れた部位にも転移します。悪性(がん)細胞は全身のあらゆる組織から発生する可能性があります。

詳細については、がんの概要を参照してください。

がんにかかるリスク

がんのリスクは、様々な遺伝的要因と環境的要因によって増大しますが、危険因子のある人が必ずがんにかかるわけではありません。したがって、警戒すべき徴候がないか注意するとともに、大腸内視鏡検査やマンモグラフィー、皮膚がんのスクリーニング検査など、がんのスクリーニングに関する推奨に従う必要があります。

小児のがんは、成人のがんと比べてずっと少数です。

  • 米国で1年にがんと診断される人の数は、成人の140万人に対し、0~14歳の小児では11,000人です。

がんの警戒すべき徴候

がんの警戒すべき徴候の中には、一般的にみられるものがあります。そのような徴候は通常、がん以外の病気でも引き起こされ、がんによるものであったとしても、どのようながんが原因かを特定する助けにはなりません。しかし、それらがみられるという事実は、がんを否定したり確定したりするために必要な身体診察と臨床検査を行うという医師の判断に役立ちます。

警戒すべき徴候の中には、もっと特異的で、がんの種類や部位を特定する手がかりとなるものもあります。

がんの可能性がある警戒すべき徴候には以下のものがあります。

がんの診断

がんの警戒すべき徴候や症状がみられる場合、医師は以下のような検査を行います。

  • 血液検査

  • 画像検査

  • 生検

がんにかかるリスクを減らす方法 (詳細はこちら)

米国がん協会によれば、特定のがんについては、生活習慣を変えることで発生リスクを低下させることができます。

がんのリスクを低下させることが分かっている方法:

  • 喫煙をしない、タバコの煙を避ける

  • 職業に関連する発がん物質(アスベストなど)を避ける

  • 日焼け止めなしで長時間日光を浴びない。

  • 過度の飲酒を控える

  • 更年期症状に対するホルモン療法(エストロゲンやプロゲステロンなど)を裂ける

がんのリスクを低下させる可能性がある方法:

  • 脂肪、特に動物性脂肪の多い食品(脂肪の多い肉、全脂肪の乳製品など)の摂取を制限する

  • 加工肉の摂取を制限する

  • 野菜と果物の摂取を増やす

  • 全粒穀物食品の摂取量を増やす

  • 体を動かし、活動的な生活をする

  • 体重を肥満の水準より低く維持する

食べものやサプリメントによって、がんにかかるリスクがどう変化するかは具体的には明らかではありませんが、肥満については、いくつかのがんのリスクを上昇させるという明確な科学的根拠があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP