Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

小児湿疹に対する4タイプの保湿剤の効果は同程度

ニュース
22年9月20日 執筆者:
ヘルスデー ニュース

小児の湿疹治療用の4タイプの保湿剤の効果はどれも差がないことが、「The Lancet Child & Adolescent Health」8月号に報告された。

英ブリストル大学のMatthew J. Ridd氏らは、4タイプの保湿剤の臨床効果と安全性を比較。湿疹のある患児(6カ月~12歳、81%がアトピー性皮膚炎診断基準を満たす)をローション群(137人)、クリーム群(140人)、ゲル群(135人)、軟膏群(138人)にランダムに割り付けた。

16週後、湿疹の重症度に4タイプ間で有意差は見られず、多重代入法(MI)による解析、感度解析、サブグループ解析後も結果は同じだった。有害事象の総数にも群間で有意差はなかったが(ローション群36%、クリーム群39%、ゲル群40%、軟膏群35%)、ヒリヒリする刺激感は軟膏群で少なかった(同順に20%、17%、19%、9%)。

Ridd氏は、「今回のような研究は、ずっと行われていなかった。薬剤タイプの直接的な比較は、製造業者にとっては利益につながらない。今回の知見は、どれくらいの頻度で保湿剤を使用すべきか、どのタイプの保湿剤が問題を生じにくいか、どの患者に特定の種類の保湿剤を推奨すべきかなど、従来の慣習に疑問を投げかけるものである」と述べている。(HealthDay News 2022年6月2日)

https://consumer.healthday.com/lotion-cream-gel-and-ointment-similarly-effective-for-childhood-eczema-2657399247.html

Abstract/Full Text