Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

瞑想

執筆者:

Steven Novella

, MD, Yale University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2015年 7月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

心身医療の一種である瞑想では,集中力を調整したり,内的または外的経験の特定の側面に系統的に意識を集中させたりする。瞑想の中で最も研究が進んでいるものは,超越瞑想と気づきの瞑想である。研究は不十分であるが,これまでの結果は,瞑想が少なくとも2種類の機序によって作用することを示唆している:

  • 繰り返しストレスに曝されることにより生じる神経ホルモン経路の過剰な活性に対抗するリラックス状態を生み出すこと

  • メタ認知的自覚(意識内容を少し離れたところから見る能力)を培うことで,理論的には患者が自動的にストレスに反応しないよう助け(高度に条件付けられた,学習による行動パターンによる),精神的苦痛によりよく耐えたり,制御したりするよう助けること

瞑想療法の多くは,宗教的またはスピリチュアルな背景で生まれたものであり,ある種の精神的成長,自己改革,超越体験を究極の目標としている。しかし,医療的介入としての瞑想は,しばしば個人の文化的または宗教的背景とは関係なく有益であることが研究によって示唆されている。

瞑想の用法

瞑想は,不安,疼痛,抑うつ,ストレス,不眠,および癌や心血管疾患といった慢性疾患の症状の軽減のために用いられる。瞑想は健康増進にも用いられる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP