Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

蘇生処置拒否(DNR)指示とPhysician Orders for Life-Sustaining Treatment(POLST)

執筆者:

Charles Sabatino

, JD, American Bar Association

最終査読/改訂年月 2015年 12月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

医師により患者の医療記録に与えられた蘇生処置拒否(do-not-resuscitate:DNR)指示により,心停止の際にCPR(心肺蘇生)を行うべきでないことが医療スタッフに伝えられる。この指示は,終末期に望まれない不要な侵襲的治療を回避するのに役立てられている。

医師は心肺停止の可能性について患者と話し合い,CPR処置および起こりうる結果について説明し,処置に関する患者の希望を尋ねる。患者がCPRに関する意思決定を下すことができない場合は,患者があらかじめ表明した希望に基づいて,または,患者の希望が不明な場合は,患者の利益を最優先して,委任代理人が決定する場合がある。

リビングウィルおよび医療判断代理委任状は,緊急事態では一般的に入手できないため,無効な場合がある。ほとんど全ての州には,在宅患者または病院以外の施設にいる患者のために特化したDNRプロトコルがある。一般にこれらのプロトコルでは,医師と患者(または患者の委任代理人)の両者による院外DNR指示への署名,および患者が身に付ける,もしくは患者の周辺に保管される本人を確認できる特別な識別物(例,ブレスレットまたは明るい色の用紙)の使用が要求される。緊急時に緊急医療スタッフが招集され完全な識別物を見た場合,安楽ケアのみを提供し,蘇生措置は試みない。通常,救急救命士はリビングウィルまたは医療判断代理委任状を読んだり,それに頼ったりすることは要求されていないため,これらのプロトコルについて知っておくことは重要である。

進行した疾患を有する患者の多くは,CPRに関してのみならず,いかなる重要なケアの決定に関しても,希望を尊重してもらうことがより困難になる。進行した疾患を有する患者により良いケアの計画を提供するために,ほとんどの州では,PhysicianOrders for Life-Sustaining Treatment(POLST:生命維持治療のための医師指示書)と一般には呼ばれる何らかのプログラムを採用しているか,または採用を進めている。このプログラムの別名としては,Medical Orders for Life-Sustaining Treatment(MOLST),Physician Orders for Scope of Treatment(POST),およびMedical Orders for Scope of Treatment(MOST)などもある。これらのプログラムは共通のパラダイムに従っているが,典型的にやや異なる形式と方針をもつ。これらのプログラムにおいて進行した疾患とみなされる最も一般的な基準は,患者が翌年内に死亡しても医師は驚かないかどうかというものである。

POLSTの手続きは医療提供者により開始され,治療の全般的な目標(緩和ケアのみ,完全な根源的治療,またはその間の限定的治療)および,人工栄養の使用や水分補給などのようなその他の重要なケアの決定と併せて,全ての医療環境で汎用可能な医療上の指示をなす。このようなプログラムは,医師が治療の目標に関する患者の希望を最大限に尊重し,ケア環境間の連続性を確保することに役立ちうる。

POLSTおよび同様のプログラムは,全ての州または地域に存在するわけではないが,それらの開発は急速に普及しつつある。国家POLSTタスクフォースは,www.polst.orgにて情報センターを提供している。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP