Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

医療過誤

執筆者:

Charles Sabatino

, JD, American Bar Association

最終査読/改訂年月 2018年 7月

患者は,もし損害を受けたと感じているならば,医療従事者を訴えることができる。しかしながら,医療過誤訴訟で勝訴するには,以下の証拠が必要である:

  • 提供されたケアが,同様の医療従事者が同様の状況下で提供すると考えられる一般的なケアの基準を満たしていなかったこと。

  • 医療従事者と損害を受けた当事者との間に仕事としての関係があったこと。

  • 標準ケアからの逸脱が原因で患者が傷害を受けたこと。

訴訟に対する懸念はときに,医師が患者にとって必ずしも最善の利益とはならない行動をとるよう圧力をかける。例えば,何かを見落としている可能性が極めて低いとしてもそれを回避するために,医師は明確な医学的必要性のない検査を指示することで訴訟の可能性に備えるかもしれない。こうしたアプローチは,医学的な便益によって正当化されないリスク(例,電離放射線,偽陽性の結果を確認するための侵襲的検査や不快感を伴う検査)や費用を患者にもたらすことになる。しかしながら,このようなアプローチは法律で義務づけられているわけでもなければ,訴訟から身を守ってくれるわけでもなく,一般的には過剰かつ不適切と考えられている。特定の検査または治療が推薦されていない理由を患者に説明し,共にケアに関する意思決定に参加してもらうことで,通常患者はより大きな満足感を得られる。医療過誤訴訟に対する最善の防衛策は,優れた医療を提供し,患者と,親密で信頼しあえる協力的な関係を構築することである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP