Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

Marchiafava-Bignami病

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Albert Einstein Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 1月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

Marchiafava-Bignami病は,主に男性の慢性アルコール依存症患者に生じるまれな脳梁の脱髄である。

病理や状況から,この障害は浸透圧性脱髄症候群(以前は橋中心髄鞘崩壊症と呼ばれていた)と関連づけられており,その亜型の可能性もある。Marchiafava-Bignami病の発症の速さおよび身体所見の程度は様々である。

嗜眠から昏睡まで幅のある精神状態の変化,痙攣発作,眼球運動障害,記憶障害,および歩行障害が,急性,亜急性,または慢性に発症しうる。

数カ月かけて回復する患者もいる。昏睡および昏迷を呈する患者では,死亡率は約20%である。

特異的な治療法はないが,支持療法には一般的にビタミン補充(特にチアミン葉酸,および他のビタミンB群)および栄養障害の是正が含まれる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP