Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

ケタミンおよびフェンシクリジン(PCP)

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Albert Einstein Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 1月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

ケタミンとフェンシクリジンは解離性麻酔薬であり,中毒をもたらし,ときに錯乱または緊張病状態を伴う。過剰摂取は昏睡を引き起こし,まれに死亡することがある。

ケタミンとフェンシクリジン(PCP)は化学的に関連した麻酔薬である。これらの薬剤は,LSDなどの他の幻覚剤の混ぜ物または偽物として用いられることがしばしばある。

ケタミンは液体または粉末の剤形で入手可能である。違法使用される場合,粉末剤は一般に鼻から吸引されるが,経口摂取されることもある。液剤は静脈内,筋肉内,または皮下注射により摂取される。

PCPは以前には広く用いられたが,もはや合法的に製造されていない。PCPは違法に製造され,エンジェルダストといった名前で路上販売されており,ときにハーブ,マリファナ,およびタバコと組み合わせて販売されることもある。

症状と徴候

低量で生じる目がくらむような多幸感を特徴とする中毒は,しばしば多幸感に続いて不安発作または情緒不安定がみられる。

過剰摂取は離人感と解離の離脱状態を引き起こし,さらに高用量では解離が重度になり,外的刺激への反応が障害され,闘争,運動失調,構音障害,筋緊張亢進,眼振,反射亢進,およびミオクローヌスを伴う。非常に高用量になると,アシドーシス,高体温,頻脈,重度の高血圧,痙攣発作,および昏睡が生じることがあるが,死亡はまれである。

急性効果は一般的に急速に消失していき,多くの患者が45分から数時間で正常な意識を回復する。

診断

  • 臨床的評価

診断は通常臨床的に行う。ケタミンはルーチン尿薬物スクリーニングでは検出されないため,ケタミン使用を確認する必要がある場合は,ガスクロマトグラフィーおよび質量分析を要請することがある。

治療

  • 支持療法

患者を静穏な環境に留め,綿密な観察が必要である。激越および痙攣発作の管理にベンゾジアゼピン系薬剤を用いることがある。さらなる治療が必要となることはまれである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP