Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

γ-ヒドロキシ酪酸

(GHB;「G」)

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Albert Einstein Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 1月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

γ-ヒドロキシ酪酸は,特にアルコールと併用した際に,アルコール中毒またはケタミン中毒に似た中毒を引き起こし,呼吸抑制,痙攣発作,およびまれに死に至ることがある。

γ-ヒドロキシ酪酸は,神経伝達物質のγ-アミノ酪酸(GABA)に類似しているが,血液脳関門を通過できるため,経口による摂取が可能である。作用面ではケタミンと類似するが,持続時間はより長く,危険性ははるかに高い。

GHBはリラックスした静穏な感覚をもたらす。疲労と脱抑制をもたらすこともある。高用量では,めまい,協調運動障害,悪心,および嘔吐を引き起こすことがある。昏睡と呼吸抑制が起こることもある。GHBを他の鎮静物質,特にアルコールと併用するのは極めて危険である。死亡例のほとんどは,GHBをアルコールと併用した場合に発生している。

頻回の大量使用後に数日間GHBを使用しないと,離脱症状が生じる。症状はアルコール離脱およびベンゾジアゼピン系薬剤からの離脱のそれと同様であり,生命を脅かす可能性がある。

治療は症状に対して行う。呼吸が障害されている場合は,機械的人工換気が必要となりうる。大半の症例は急速に回復するが,影響が1~2時間消退しないこともある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP