Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

足関節骨折

(腓骨骨折;脛骨骨折)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2019年 7月
本ページのリソース

足関節骨折は,脛骨の内果もしくは後果および/または腓骨外果で起きる。この骨折は安定型の場合もあれば不安定型の場合もある。診断はX線およびときにMRIによる。治療は,安定型骨折では通常ギプス固定またはウォーキングブーツ(walking boot),不安定型骨折ではしばしば観血的整復内固定術による。

骨折の概要も参照のこと。)

足関節骨折は一般的であり,様々な受傷機転により起こりうるが,ランニングまたは跳躍時の内反損傷が最も多い。

足関節の骨および靱帯は,脛骨および腓骨を距骨および踵骨につなげる1つの輪を形成している。その輪の中では,以下のものにより安定性を得ている:

  • 2つの骨:脛骨内果および腓骨外果

  • 2つの靱帯複合体:内側は三角靱帯,外側は主に,前距腓靱帯,後距腓靱帯,および踵腓靱帯(足関節の靱帯の図を参照)

輪の1カ所に破綻がみられる骨折では,しばしば別の箇所でも破綻が生じる(例,1つの骨だけに骨折がある場合,しばしば1つの靱帯が同時かつ重度に断裂する)。足関節の輪を安定化させている複数の構造が骨折により破綻すると,足関節が不安定になる。内側の三角靱帯の破綻も不安定性を引き起こす。

内果が骨折し,果間関節窩(ankle mortise)(脛骨と距骨の間の関節)が開き,腓骨遠位部は骨折していないときに,腓骨近位部も骨折することがある(メゾヌーブ骨折[Maisonneuve骨折]と呼ばれる)。ときに腓骨近位部の骨折時に起こるように,脛骨と腓骨の間の靱帯が裂けた場合に限り,腓骨遠位部の骨折なしに関節が離断される可能性がある。

足関節の靱帯

足関節の靱帯

損傷部位の疼痛および腫脹が最初に起こり,次に足関節周辺にびまん性に広がることが多い。

診断

  • X線

  • ときにストレスX線および/またはMRI

足関節X線の前後像,側面像,斜位(果間関節窩)像を撮影する。骨折のある可能性が低い患者に対するX線撮影を避けるために,しばしば特異的な基準(例,オタワ足関節ルール[Ottawa ankle rule])が用いられる。オタワ足関節ルールに基づくと,足関節X線は,足関節痛がみられ,かつ以下のいずれかに該当する場合にのみ必要とされる:

  • 55歳以上

  • 損傷直後および救急診療部で,跛行の有無にかかわらず補助なしで体重を支えられない(4歩の間)

  • 内外果いずれかの後方の縁または先端から6cm以内に骨の圧痛がある

足関節骨折は通常,X線上で明らかとなる。

足関節骨折の画像

安定性の判定は治療方針の決定に役立つ。足関節を視診または愛護的に触診すると,不安定性が明らかな場合がある。膝関節,特に腓骨近位部も診察すべきである。

内果および外果の両方が骨折した場合,おそらく損傷は不安定型である。

腓骨のみ骨折し,脛距関節は正常にみえる場合,外旋させたストレスX線を行ってもよい;脛距関節の亜脱臼が検出される可能性があり,これは三角靱帯および足関節の不安定性を示唆する。

パール&ピットフォール

  • 内果が骨折している場合,特に転位があり,果間関節窩が内側で開いている場合,膝関節のX線撮影を行って腓骨近位部骨折を検索する。

腓骨近位部骨折の可能性があると考えられる場合,膝関節のX線も撮影すべきである。

治療

  • ウォーキングブーツまたはギプス固定

  • ときに観血的整復内固定術(ORIF)

ほとんどの安定型の足関節骨折は,ウォーキングブーツまたはギプスを用いて非外科的に治療できる。

不安定型の足関節損傷では,骨片のアライメントを正しく整え骨折治癒中のアライメントをよりよく保つために,ORIFを行うことが多い。

足関節が安定な場合,治療により正しいアライメントが得られれば,通常予後は良好である。骨片のアライメントが正しく保たれない場合,関節炎が発生し,再度骨折する可能性がある。

要点

  • 足関節骨折により足関節の輪(足関節の骨と靱帯で形成される)が1カ所で破綻すると別の箇所も破綻することが多く,足関節の輪を安定化させている複数の構造が破綻すれば,足関節が不安定になる。

  • オタワ足関節ルール(Ottawa ankle rule)を用いて,骨折がある可能性の高い患者に対するX線の制限を試みる。

  • 身体診察により足関節の安定性(これにより治療が決定される)を評価し,必要であればX線を施行する。

  • ほとんどの安定型の足関節骨折はウォーキングブーツまたはギプスで,多くの不安定型骨折はORIFで治療する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP