Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

足趾の骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2019年 7月
本ページのリソース

ほとんどの足趾の骨折では転位はごくわずかであり,隣接する足趾とのテーピング(buddy taping)のみが必要となる。

骨折の概要も参照のこと。)

足趾の骨折は,重い物体を足趾に落とすことや足趾をぶつけることによって生じる可能性がある。

疼痛,腫脹,および圧痛がよくみられる。爪下血腫(爪甲と爪床の間)も頻度が高く,特に受傷機転が挫滅損傷である場合に多い。

診断

  • 特定の損傷が疑われる場合は,X線

回旋変形もしくは関節障害が疑われるか,または母趾の基節骨が損傷していない限り,骨折の有無にかかわらず治療法は変わらないため,通常,X線は不要である。X線が適応となる場合,各足趾の前後像,側面像,および斜位像を撮影する。

治療

  • Buddy taping

  • 特定の損傷に対して,整復および固定

足趾骨折の治療としては,患趾を隣接趾にテーピングする(dynamic splintingまたはbuddy taping)。

足趾が転位または変形している場合,buddy tapingの前に整復が必要となることがある。ときに固定が適応となる(例,著しい転位または回旋変形のある母趾骨折の場合)。

母趾が骨折している場合,患者は患側の足に荷重してはならず,底の硬いポストオペシューズ(postoperative shoe)を使用するべきであり,整形外科医によるフォローアップの予約を入れるべきである。

要点

  • 骨折した足趾には疼痛および腫脹が通常みられる;爪下血腫が形成されることが多く,特に足趾が押し潰された場合によくみられる。

  • 回旋変形もしくは関節障害が疑われるか,または母趾の基節骨が損傷している場合は,各足趾の前後像,側面像,および斜位像を撮影する;そうでない場合,骨折の有無にかかわらず治療が同じであるため,X線は通常不要である。

  • 患趾を隣接趾にテーピングする;足趾が転位または変形している場合,先に整復が必要となることがある。

  • 母趾が骨折している場合は,患側の足に荷重しないように患者に指示し,底の硬いポストオペシューズ(postoperative shoe)を使用し,整形外科医によるフォローアップの予約を必ず入れるべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP