Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

股関節骨折

(大腿骨頸部骨折;大腿骨頭骨折;骨頭下骨折;転子間骨折;転子下骨折)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2019年 7月
本ページのリソース

股関節骨折は,大腿骨の骨頭,頸部,または転子(突起)間もしくは転子下の部位で起こることがある。この骨折は高齢者(特に骨粗鬆症の高齢者)で最も多く,通常平地での転倒により起こる。診断はX線,または必要であればMRIによる。治療は通常は観血的整復内固定術,またはときに人工骨頭置換術(hemiarthroplasty)もしくは人工股関節全置換術(total hip arthroplasty)による。

骨折の概要も参照のこと。)

ほとんどの股関節骨折は転倒によって起こるが,高齢者では,通常は骨粗鬆症により骨が弱くなっているという理由で,見た目にはごくわずかな力(例,寝床での寝返り,椅子から立ち上がる,歩行)で骨折に至ることがある。

骨折部位としては以下のものがある:

  • 大腿骨頭

  • 大腿骨頸部(骨頭下)

  • 転子間

  • 転子下

骨頭下および転子間骨折が最も頻度の高い型である。

股関節骨折の合併症としては以下のものがある:

合併症は,転位のある大腿骨頸部骨折の高齢患者でより頻度が高い。

大腿骨頸部骨折の患者では,骨折により大腿骨頭への血液供給が妨げられるため,骨壊死のリスクが高い。

症状と徴候

股関節骨折ではほとんどの場合鼠径部痛および歩行不能を来す。ときに膝に関連痛が生じるため,膝関節異常と誤解される。同様に,恥骨枝の骨折が鼠径部痛を引き起こすことがある。

転位骨折患者は歩行できず,著明な疼痛があり,患側の下肢が短縮し外旋しているように見える。対照的に,嵌入骨折患者は歩行できることがあり,疼痛は軽度のみで見た目の変形はない。しかし,そのような患者は通常,膝を伸ばした状態で抵抗に逆らって下肢全体を屈曲することができない。

膝を曲げた状態で他動的な股関節の回転運動を行うと疼痛が増悪し,転子部滑液包炎など関節外の障害と股関節骨折とを鑑別する助けとなる。

診断

  • 単純X線

  • まれにMRIまたはCT

股関節骨折の疑いの診断は骨盤X線の前後像および仰臥位側面像(cross-table lateral view)から始める。骨折が1つ同定されれば,大腿骨全体のX線撮影を行うべきである。微かな骨折所見(例,ごくわずかな転位または嵌入骨折の場合)として,大腿骨頸部の海綿骨密度または骨皮質の不規則性などがありうる。しかし,ときにX線は正常であり,特に骨頭下骨折または重度の骨粗鬆症の患者でその可能性が高い。

骨折がX線上で認められないが依然臨床的に疑われる場合,MRIは不顕性骨折に対して感度および特異度がほぼ100%であるため,これを施行する。CTはより感度の低い代替法である。

パール&ピットフォール

  • X線で股関節骨折が示されないが,臨床的に股関節骨折が疑われる場合は,MRIを施行する。

治療

  • 通常は観血的整復内固定術(ORIF)

  • ときに大腿骨頭置換術または人工股関節全置換術

大多数の股関節骨折は,疼痛持続期間を最短にするため,また非外科的治療の後には必要となるが重篤な合併症(例,深部静脈血栓症,褥瘡,デコンディショニング,肺炎,死亡)のリスクを(特に高齢者で)高めることとなる長期間の床上安静を避けるため,外科的に治療する。

股関節骨折の治療後,できるだけ早くリハビリテーションを始める。

予防的抗凝固療法により,股関節骨折後の静脈血栓症の発生率が低下する可能性がある。

高齢の股関節骨折患者は,救急部門で股関節手術のためのcardiac clearance(術前心機能評価)を待つ間,苦痛を感じる場合がある。股関節の単独骨折の高齢患者では,疼痛コントロールのために大腿神経ブロックおよび腸骨筋膜下ブロックが用いられることが増えてきている。これにより疼痛を最長6~8時間にわたりコントロールすることが可能で,全身的な有害作用(例,呼吸抑制)を引き起こしやすいオピオイドの使用は不要である。局所神経ブロックの禁忌としては,出血性疾患や凝固障害などがある(1)。

大腿骨頸部骨折

高齢者における大腿骨頸部の転位のない嵌入骨折および若年患者における全ての大腿骨頸部骨折は,典型的にはORIFで治療する。

高齢者における転位のある大腿骨頸部骨折は,早期に無制限の荷重負荷を可能にし,追加手術が必要となる可能性を最小限にするために,通常は人工股関節置換術で治療する。ほとんど歩かないため股関節にほとんどストレスがかからない高齢患者は,人工骨頭置換術(大腿骨近位部のみ置換する)で治療する;より活動的な高齢患者ほど人工股関節全置換術(大腿骨近位部を置換し,寛骨臼表面を修復する)で治療することが多くなる。人工股関節全置換術はより広範で,リスクが大きいが,機能面ではより良好な結果が得られる。

転子間骨折

転子間骨折は通常ORIFで治療する(観血的整復内固定術[ORIF]の図を参照)。

観血的整復内固定術(ORIF)

観血的整復内固定術(ORIF)

治療に関する参考文献

  • 1.Haines L, Dickman E, Ayvazyan S, et al: Ultrasound-guided fascia iliaca compartment block for hip fractures in the emergency department.J Emerg Med 43 (4):692–697, 2012.doi: 10.1016/j.jemermed.2012.01.050.

要点

  • 股関節(特に骨頭下および転子間)骨折は,骨粗鬆症の高齢患者で多くみられる。

  • 大腿骨頭の骨壊死,骨折癒合不全,および変形性関節症が一般的な合併症である。

  • 状況から股関節骨折が疑われ,患者が膝関節を伸展した状態で抵抗に逆らって下肢全体を屈曲することができない場合は,軽度の疼痛しかなく歩行可能であっても,嵌入骨折を疑う。

  • 原因不明の股関節痛または膝関節痛があり,疼痛のため歩行困難な全ての患者に対し,膝を曲げた状態で股関節を回転させる;この手技により疼痛が増悪する場合は股関節骨折の可能性がある。

  • 骨折が臨床所見に基づき疑われるが,X線では認められない場合,MRIを施行する。

  • ほとんどの骨折を外科的(ORIFまたは人工股関節置換術)に治療して,できるだけ早く歩けるようにする。

  • 短期間の疼痛コントロールにはオピオイドの代わりに大腿神経ブロックおよび腸骨筋膜下ブロックの利用を考慮する(特に,股関節の単独骨折の高齢患者の場合)。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP