Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

第5中足骨骨折

(Jones骨折;ダンサー骨折;pseudo-Jones骨折)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2019年 7月
本ページのリソース

第5中足骨骨折は基部または骨幹部(骨幹)で起こることがある。骨幹の骨折は急性骨折または疲労骨折の可能性がある。この骨折の治療法および予後は非常に多様であるため,正確な診断が重要である。診断はX線による。治療は骨折部位により異なる。

骨折の概要も参照のこと。)

疼痛,腫脹,および圧痛は通常,骨折部位に極めて限局する。

第5中足骨骨折の診断は足のX線前後像,側面像,および斜位像に基づいて行う。

第5中足骨骨幹部骨折

第5中足骨骨幹部骨折は,急性骨折または疲労骨折の可能性がある。急性の骨幹部骨折が骨幹端の近くで起こる傾向があり,ときにJones骨折と呼ばれる。

血流が途絶するため,癒合不全および遷延癒合を来す可能性がある。

治療

  • ギプス固定および免荷

  • 整形外科医のコンサルテーション

第5中足骨骨幹部骨折の治療としては,6週間荷重負荷を避けて3面固定のショートレッグギブスシーネ(3-sided short leg cast)を用いる;観血的整復内固定術(ORIF)を行うべきかどうかを判定するために患者を整形外科医に紹介する。

第5中足骨基部骨折

基部の骨折はときにダンサー骨折またはpseudo-Jones骨折と呼ばれる。受傷機転は通常は挫滅損傷,または短腓骨筋腱による剥離を引き起こす内反力である。この骨折は急性の骨幹部骨折(Jones骨折)よりも頻度が高い。

骨幹とは異なり,基部は側副血行路が豊富であるため,遷延癒合および癒合不全はまれである。

治療

  • 対症療法

第5中足骨基部骨折の治療は対症療法であり,これには底の硬い靴またはウォーキングブーツ,および耐えられる限りの荷重負荷が含まれる場合もある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP