Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

橈骨遠位部骨折

(手関節骨折,コーレス骨折,Smith骨折)

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2019年 7月
本ページのリソース

橈骨遠位部骨折は通常,伸ばした手から落ちる転倒によって生じる。

骨折の概要も参照のこと。)

ほとんどの橈骨遠位部骨折は背側転位または屈曲を伴い(ときにコーレス骨折[Colles fracture]と呼ばれる),これはよくみられる状態で,特に高齢者に多い。尺骨茎状突起もしばしば骨折する。頻度は低いが,損傷時に手関節が曲がるため掌側転位(Smith骨折と呼ばれる)が起こる。

症状と徴候

手関節骨折(コーレス骨折またはSmith骨折)により変形または腫脹が生じ,正中神経を損傷する可能性がある;正中神経が損傷すると示指の先端がしびれ,母指から小指のつまむ力が弱くなる。

衝撃が大きい場合は,橈骨が嵌入し骨が短くなることがある。

他の合併症(例,硬直,永続的な変形,疼痛,変形性関節症,複合性局所疼痛症候群)が起こる可能性があり,特に骨折が手関節に及ぶ場合,または骨折により手関節の転位もしくは屈曲が生じた場合に起こる。

診断

  • 前後および側面X線

臨床像としては,疼痛,腫脹,および圧痛に加えて,橈骨遠位部の背側屈曲または転位(silver fork変形またはdinner fork変形)などがみられる。

橈骨遠位部骨折は通常,X線前後像および側面像で認められる。ときに,関節内骨折の同定にCTが必要である。

治療

  • 非観血的整復

  • 開放骨折の場合または整復が成功しない場合は,観血的整復

  • 掌側副子

  • 1週間以内の整形外科的フォローアップ

関節を整復し,掌側副子またはシュガートング副子(sugar tong splint)で手関節を15~30°伸展させた状態で固定する(掌側副子およびシュガートング副子の各図を参照)。通常,非観血的整復が可能である。非観血的整復時の疼痛は,オピオイド鎮痛薬または血腫内局所麻酔薬浸潤麻酔(hematoma block)により救急部門で管理できる。

掌側副子

掌側副子

シュガートング副子

シュガートング副子

以下の場合には観血的整復内固定術(ORIF)が必要となることもある:

  • 関節が破綻している場合。

  • 骨折により過度の嵌入(短縮)が生じた場合。

  • 非観血的整復が不成功に終わった場合。

フィンガートラップを橈骨遠位部の非観血的整復の補助に用いることができる。指への牽引を保ちながら橈骨(屈曲がある場合)を整復するために用いる。牽引は,遠位骨片を引っ張り橈骨を引き延ばすのに役立つ。

拘縮を予防するために手指,肘関節(固定していない場合),および肩関節を毎日動かし,腫脹を抑制するために手を挙上するよう,患者に助言すべきである。

要点

  • ほとんどの橈骨遠位部骨折は背側転位または屈曲を伴い(ときにコーレス骨折と呼ばれる),これはよくみられる状態で,特に高齢者に多い。

  • 手関節骨折により変形または腫脹が生じ,正中神経を損傷する可能性がある。

  • 前後および側面X線(橈骨遠位端骨折があれば通常は描出される)を撮影するが,ときに,関節内骨折の同定にCTが必要である。

  • 非観血的整復とその後の副子固定を試すが,非観血的整復が成功しない場合または関節が離断しているか過度に短縮している場合は,ORIFを考慮する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP