Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

大腿骨骨幹部骨折

執筆者:

Danielle Campagne

, MD, University of San Francisco - Fresno

最終査読/改訂年月 2019年 7月

大腿骨骨幹部骨折は通常,強い力が加わった結果として生じた病態であり,臨床的に明白である。治療は,直ちに牽引して副子固定した後の観血的整復内固定術による。

骨折の概要も参照のこと。)

大腿骨骨幹部骨折の受傷機転は通常,直接的な強い力または屈曲した膝関節への長軸方向の荷重である(典型的には自動車衝突事故または自動車と歩行者の衝突)。したがって,他の重篤な損傷がしばしば存在する。

症状と徴候

骨折により,明らかな腫脹,変形(しばしば短縮を伴う),および不安定性が起こる。各骨折で最大1.5Lの血液が失われる可能性がある。出血性ショックの可能性がある(特に原因が鈍的外傷で他の損傷がある場合)。

診断

  • X線

X線前後像および側面像が診断に役立つ。

大きい力による骨折の場合,同側の大腿骨頸部骨折を検索するために常に股関節X線を施行すべきである。膝関節も慎重に評価する必要がある。

治療

  • 迅速な牽引と副子固定

  • 観血的整復内固定術(ORIF)

直ちに行う治療は通常は牽引力をかけた副子固定(Hare牽引またはSager牽引副子など)により,続いてORIFを行う。牽引副子(traction splint)は下腿を牽引するため,患者に脛骨骨折もある場合は使用すべきではない。

要点

  • 大腿骨骨幹部骨折は通常,強い力が加わった結果として生じた病態であり,臨床的に軽微なものではない。

  • 各骨折で最大1.5Lの血液が失われる可能性がある。

  • 大腿骨骨幹部が骨折した場合は股関節X線を施行し膝関節を評価する。

  • 大腿骨骨幹部骨折は可能な限り迅速に副子固定する。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP