Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

異染性白質ジストロフィー

(スルファチドリピドーシス)

執筆者:

Lee M. Sanders

, MD, MPH, Stanford University

最終査読/改訂年月 2016年 1月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

異染性白質ジストロフィーは,アリルスルファターゼAの欠損に起因するスフィンゴリピドーシス(遺伝性代謝疾患の1つ)で,進行性の麻痺および認知障害を引き起こし,10歳までに死に至る。

詳細については,表「スフィンゴリピドーシス」を参照のこと。

異染性白質ジストロフィーでは,アリルスルファターゼAの欠損によって中枢神経系の白質,末梢神経,腎臓,脾臓,およびその他の内臓に異染性脂質が蓄積し,神経系への蓄積により中枢および末梢神経系で脱髄が発生する。数多くの遺伝子変異が存在しており,発症年齢および進行速度は患者毎に異なる。

乳児型は進行性の麻痺および認知障害を特徴とし,通常は4歳までに発症し,症状の出現から約5年で死に至る。

若年型では,4歳から16歳までの間に発症し,歩行障害,知的障害,および所見として末梢神経障害を伴う。乳児型とは対照的に,通常は深部腱反射が亢進する。より軽症の成人型も存在する。

異染性白質ジストロフィーの診断は臨床所見と神経伝導速度低下の所見によって示唆され,白血球または培養皮膚線維芽細胞での酵素欠損の検出によって確定される。(遺伝性代謝疾患が疑われる場合の検査も参照のこと。)

異染性白質ジストロフィーに効果的な治療法はない。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP