Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

新生児の高カルシウム血症

執筆者:

Alan Lantzy

, MD, West Penn Hospital, Pittsburgh

最終査読/改訂年月 2015年 8月

高カルシウム血症についての一般的な考察も参照のこと。)

高カルシウム血症は,血清総カルシウムが12mg/dL(3mmol/L)以上,またはイオン化カルシウムが6mg/dL(1.5mmol/L)以上の状態である。最も頻度の高い原因は医原性のものである。消化管徴候(例,食欲不振,嘔吐,便秘)が起こり,ときに嗜眠または痙攣も発生する。治療には,静注生理食塩水に加えてフロセミド,ときにコルチコステロイド,カルシトニン,ビスホスホネート系薬剤を用いる。

病因

新生児の高カルシウム血症の最も一般的な原因は以下の通りである:

  • 医原性

医原性の原因には通常,カルシウムもしくはビタミンDの過剰,またはリン酸欠乏があり,これは調製が不適切な人工乳の長期間の授乳によって引き起こされる。

他の原因としては,母親の副甲状腺機能低下症,皮下脂肪壊死,副甲状腺過形成,腎機能異常,ウィリアムズ症候群,および特発性などがある。ウィリアムズ症候群には,大動脈弁上狭窄,肺動脈弁または末梢肺動脈の狭窄,心房中隔欠損症,および/または心室中隔欠損症腎動脈狭窄,大動脈の異常,妖精様顔貌,原因不明の病態生理による高カルシウム血症が含まれる;患児は在胎不当過小(SGA)となることもあり,また高カルシウム血症は乳児期早期から認められ,通常は生後12カ月までに消失する。特発性の新生児高カルシウム血症は除外診断により診断し,ウィリアムズ症候群との鑑別は難しく,しばしば遺伝子検査が必要になる。新生児の副甲状腺機能亢進症は非常にまれである。皮下脂肪壊死は重度外傷後に発生することがあり,通常は自然消失する高カルシウム血症を引き起こす。母親の副甲状腺機能低下症または母親の低カルシウム血症は,二次的な胎児副甲状腺機能亢進症を引き起こすことがあり,胎児の骨石灰化の変化を伴う(例,骨減少症)。

症状と徴候

新生児の高カルシウム血症の症状および徴候は,血清総カルシウムが12mg/dL(3mmol/L)を超えると認められる。食欲不振,消化管逆流,悪心,嘔吐,嗜眠または痙攣または全般的な易刺激性,高血圧などが徴候である可能性がある。その他の症候としては,便秘,腹痛,脱水,哺乳不耐(feeding intolerance),発育不良などがある。筋肉痛または関節痛および筋力低下の漠然とした症状を示す新生児もいる。皮下脂肪壊死を伴う硬い赤紫色の結節が,体幹,殿部,または下肢に観察されることがある。

診断

  • 血清総カルシウム値または血清イオン化カルシウム値

新生児の高カルシウム血症の診断は,血清総カルシウムまたはイオン化カルシウム値の測定による。

治療

  • 生理食塩水とフロセミド静注

  • ときにコルチコステロイド,カルシトニン,およびビスホスホネート系薬剤

血清カルシウムの著明な上昇は,生理食塩水20mL/kgの静注に続いてフロセミド2mg/kg静注,長引く場合はコルチコステロイドおよびカルシトニンで治療可能である。ビスホスホネート系薬剤もまた,このような状況で次第に使用されるようになっている(例,経口でのエチドロン酸またはパミドロン酸の静注)。皮下脂肪壊死の治療には,低カルシウムの人工乳を用い,輸液,フロセミド,カルシトニン,コルチコステロイドは,高カルシウム血症の程度によって適応となれば使用される。母親の副甲状腺機能低下症による胎児の高カルシウム血症は,通常は数週間で自然に治癒するため,待機的に治療できる。慢性化した場合の治療法として,低カルシウムおよび低ビタミンDの人工乳がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP