Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

青年期の発達

執筆者:

Evan G. Graber

, DO, Sydney Kimmel Medical College

最終査読/改訂年月 2016年 8月

青年期の問題も参照のこと。)

青年期とは依存している小児が自立した成人に成長する発達時期である。この時期は10歳頃から始まり10代後期または20代早期まで続く。青年期の小児は,身体的知的,および情緒的に著しい成長を遂げる。この期間を導き乗り切らせることは,親にも臨床医にも困難な課題である。

知的発達および行動発達

青年期初期に,抽象的,論理的な思考能力が発達し始める。思考の複雑さが増すことにより自己認識が強化され,自己の存在について深慮するようになる。青年期に起こる多くの目立つ身体的変化のため,この自己認識はしばしばぎこちなさの感覚を伴う自意識過剰へと変化する。青年は,容姿や魅力のことばかりを考え,友人との相違に過敏になる。

青年はまた,この新たな熟考力を用いて道徳的問題に対処する。青年期以前の小児は,善悪を固定的かつ絶対的なものとして理解する。より年長の青年は,しばしば行動規範に疑問を抱き伝統を否定して,親を狼狽させることがある。理想は,このような熟考によって,最終的に青年自身の道徳律が発達し内在化することである。

青年期に入りより複雑な学業課題に直面すると,小児は得意領域と苦手領域に加え興味が引かれる領域を認識し始める。ほとんどの場合明確な目標はないものの,青年期は若者がキャリア選択について考え始める時期である。親および臨床医は,青年の能力を認識し,青年が現実的な期待を育むことを助け,さらに 学習障害注意障害行動の問題,不適切な学習環境などの改善を要する学習上の問題を進んで特定しなければならない。親および臨床医は,より年長の青年に対し,学期中または休暇中に将来就く可能性のある職業の体験や見習いをするよう促すべきである。このような機会は,青年がキャリア選択および今後の学習を絞ることに役立つ。

多くの青年が,高速運転などの危険行動に関わり始める。多くの青年は,性的な行動を試み始め,中には危険な性行為に関わる場合もある。窃盗,飲酒,薬物使用などの不法行為に関わる者もいる。このような行動は,青年が家庭を離れる前段階として自らの能力を過大評価する傾向があることが原因の一部であると専門家は推測している。神経系に関する最近の研究でも,衝動を抑制する脳の領域は成人初期まで完全には成熟しないことが示されている。

情緒の発達

青年期には,感情を制御する脳の領域が発達し成熟する。この時期は,表面上は自発的な感情の爆発が特徴であり,これはしばしば矛先となる親および教師には挑発的行為となりうる。青年は次第に不適切な思考および行為を抑制し,目標志向行動へ置き換えることを学ぶ。

成長の情緒的側面は非常に扱いにくいものであり,親,教師,および医師が忍耐を要求されることもしばしばである。情緒不安定は感情を制御する脳の領域が成熟する青年期における,神経発達の直接的結果である。欲求不満も複数分野における成長から生じると考えれる。

葛藤の主要部分は青年のさらなる自由への欲求から生じるものであり,これが子どもを有害なものから守ろうとする親の強い本能とぶつかる。親は,自分の役割を再調整し,さらに多くの権限を青年に徐々に与えると同時に,青年に自分自身に対して,また家庭内でさらに多くの責任を負うことを期待する上で,支援を必要とする場合がある。

安定している家族内でさえ,コミュニケーションが困難になることがあり,家庭の分裂や親自身の情緒的問題により事態はさらに悪化する。臨床医は青年および親に対して,実践的,具体的,かつ協力的で分別のある支援を提供しつつ,さらに家族内のコミュニケーションを促すことによって,多大な援助を行うことができる。

社会的および心理的発達

小児の社会生活の中心は家族である。青年期には,家族に代わって友人グループが主な社会生活の中心になり始める。友人グループは,服装,容姿,態度,趣味,関心事,および部外者には意味があるように見えるあるいは些細に見える他の特徴の違いに基づいてしばしば形成される。友人グループは最初は通常同性だけで構成されるが,青年期後期には典型的には男女混成になる。このようなグループは,青年のあやふやな選択に妥当性を与え,ストレスの多い状況での支えとなってくれるため,青年にとっては重要な存在である。

友人グループをもっていないと感じる青年は,自分が人と異なっており疎外されているという強い感情を抱く場合がある。このような感情は永続的な影響を通常はもたらさないが,無秩序な行動または反社会的行動をとる可能性を高めることがある。対極として,友人グループを重要視しすぎて反社会的行動に至ることもある。gangの無秩序な要求を,家庭および社会環境が正すことができない場合,gangへの加入が多くみられるようになる。

医師はうつ病双極性障害,および不安などの精神障害のスクリーニングを全ての青年に行うべきである。人生のこの時期に,精神障害の発生が増え,自殺念慮または自殺行動に至ることがある。統合失調症などの精神病性障害はまれではあるが,青年期後期に表面化することが最も多い。神経性やせ症神経性過食症などの摂食障害 は女児に比較的多く,青年期ではそのような行動および体重変動を隠すためあらゆる手段をとることから,発見することは困難である可能性がある。

物質使用は,典型的には青年期に始まる。米国の青年の70%以上に高校卒業前の飲酒経験がある。大量飲酒がよくみられ,急性および慢性の健康上のリスクをもたらす。研究では,飲酒開始年齢が低い青年は,成人になってアルコール使用障害を発症する可能性が高いことが示されている。例えば,13歳から飲酒を始めた青年は,21歳から始めた青年に比べ,アルコール使用障害を発症する可能性が5倍高い。

米国の青年の約50%が喫煙を,40%がマリファナを高校時代に試している。他の薬物の使用ははるかに少ないが,鎮痛薬および刺激薬などの処方薬の誤用が増加している。

親が良い見本となり(例,適度な飲酒を行う,違法薬物の使用を避ける),価値観を共有し,薬物に手を出さないよう強い期待を示すことにより,子どもに強くかつ好ましい影響を与えることができる。親はまた,処方薬は医師の指示通りにのみ使うべきであると子どもに教えるべきである。全ての青年について,物質使用のスクリーニングを内々に行うべきである。医師および医療従事者による介入は,非常に短期間であっても青年の物質使用を減少させると示されていることから,日常的な健康管理の一部として適切な助言を与えるべきである。

セクシュアリティ

身体的変化への適応に加え,青年は成人の役割になじむ必要があり,また非常に強くときに怖いほどの性衝動を大局的に捉えなければならない。

青年の中には性同一性 の問題に苦しむ者もおり,自分の性的指向を友人または家族に明かすことを恐れることがある。同性愛の青年はセクシュアリティが発達するにつれて特有の問題に直面することがある。青年がもし同性愛的な欲求を示せば,家族または友人に避けられたり受け入れられないと感じることもある。そのような圧力は(特に,社会的受容が非常に重要な時期には),重度のストレスを引き起こす可能性がある。ときに現実となる,両親から見捨てられるという恐れによって,青年と親とのコミュニケーションから正直さが失われるか,または少なくとも十分なコミュニケーションがとれなくなる場合がある。このような青年は友人から馬鹿にされたりいじめられる可能性もある。身体的暴力をふるうという脅しは真剣に受け止め,学校関係者に報告すべきである。同性愛および異性愛の青年における情緒的発達は,医師,友人,および家族の支えが最も有用である。

人間が経験する要素において, セクシュアリティほど身体的,知的,情緒的側面を全面的に動員するものはほとんどない。生殖および性感染症に関する問題に正直に答えることにより,青年がセクシュアリティを健全な背景で捉えるよう支援することが極めて重要である。青年および親には,性およびセクシュアリティに対する自身の態度についてオープンに話し合うことを推奨すべきであり,親の意見は,依然として青年の行動を決定する重要な因子である。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP