Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

膝蓋軟骨軟化症

膝蓋大腿症候群(patellofemoral syndrome)

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Hannover, Germany

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

膝蓋軟骨軟化症は膝蓋骨の裏側の軟骨の軟化である。

膝蓋軟骨軟化症はしばしば広範な膝関節痛を引き起こし,特に階段の昇降,膝関節に軸方向荷重のかかるスポーツ,または長時間の座位(theater sign)の際にその可能性が高い。通常,疼痛は腫脹を伴わずに起こる。この疾患はおそらく下肢の角度または回転の変化(動作中に大腿四頭筋の構成要素を不均衡にし膝蓋骨のアライメント異常を引き起こす)に起因する。

膝蓋軟骨軟化症による急性疼痛は,機械的な構造を改善する理学療法,氷冷,および鎮痛薬の服用によって治療する。膝蓋軟骨軟化症の患児には,数日の間,疼痛が生じる活動(典型的には,膝の屈曲を伴うもの)を避けさせるべきである。膝蓋軟骨軟化症による持続性のまたは繰り返す疼痛は,まれに関節鏡視下での膝蓋骨後面の平滑化を必要とすることがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP