Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

膝蓋腱炎

(ジャンパー膝;Sinding-Larsen-Johansson症候群)

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Hannover, Germany

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

膝蓋腱炎は,酷使による膝蓋腱の膝蓋骨下極への付着部位における損傷である。

運動量の多い小児における膝蓋腱の圧痛を伴う膝関節痛は,通常フィギュアスケート,バスケットボール,バレーボールの選手に起こる,使いすぎ症候群に起因する。典型的には10~13歳の小児が罹患する。疼痛は,力に抗して膝を伸ばす(例,階段を昇る,ジャンプ,膝の屈曲)場合に最も増悪する。

膝蓋腱炎の病因は,膝蓋腱の付着部における過剰な牽引による外傷(微細な剥離骨折につながる)と考えられている。

膝蓋腱炎の診断には病歴および身体診察で通常十分であるが,MRIで損傷範囲を描出できる。

疼痛は活動の修正,NSAID,および理学療法により治療する。持続する疼痛は,外科的修復で治療することがあるが,これは通常は必要ではない。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP