Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

反抗挑発症(ODD)

執筆者:

Josephine Elia

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

反抗挑発症は,権威者に対して否定的,反抗的,または敵意的な行動を反復的または持続的に起こそうとする状態である。診断は病歴に基づいて行う。治療は,個人精神療法と家族または養育者に対する治療法による。ときに,易怒性を抑えるために薬剤も使用される。

反抗挑発症(ODD)の有病率は,診断基準が非常に主観的であるため推定値に大きなばらつきがあるが,小児および青年の15%にも上ると考えられる。思春期前では男児の患者数が女児のそれを大きく上回るが,思春期以降ではその差は小さくなる。

ときに反抗挑発症は素行症の軽度のもののように捉えられるが,この2つの障害は表面的な類似点が存在しているにすぎない。反抗挑発症の特徴は,易怒性および反抗性を特徴とする対人関係の様式である。しかしながら,素行症の患児は良心に欠けているように見え,繰り返し他者の権利を侵害し(例,いじめ,脅迫,有害行為,動物虐待),ときに易怒性の徴候はみられない。

反抗挑発症の病因は不明であるが,大人たちによって騒々しい論争を伴う対人衝突が生じている家庭の小児に最も多く発生していると考えられる。この診断は,限局性の障害としてではなく,さらなる調査および治療を要する基礎的な問題を示唆するものとして捉えるべきである。

症状と徴候

典型的には,反抗挑発症の患児にはしばしば以下の傾向がみられる:

  • 繰り返し,かつ容易にかんしゃくを起こす

  • 大人と口論になる

  • 大人に反抗する

  • 規則に従うことを拒否する

  • 故意に人の気に障ることをする

  • 自分のミスや不正行為を他人のせいにする

  • 容易に不快になるまたは腹を立てる

  • 悪意に満ち意地が悪い

多くの患児はまた社会的技能に欠ける。

診断

  • 臨床基準

反抗挑発症は,小児にこれらの症状のうちの4つ以上が最低6カ月にわたり認められる場合に診断される。症状は重度で秩序を破壊するものでなければならない。

反抗挑発症は類似した症状を引き起こす以下の病態と鑑別する必要がある:

  • 軽度から中等度の反抗行動:このような行動は,ほぼ全ての小児および青年において周期的に認められる。

  • 無治療の注意欠如・多動症(ADHD):ADHDを十分に治療すれば,反抗挑発症に似た症状も消失する場合が多い。

  • 気分障害:うつ病による易怒性は,快感消失および自律神経症状(例,睡眠および食欲の障害)の存在によって反抗挑発症と鑑別できるが,これらの症状は小児においては容易に見逃される。

  • 不安症および強迫症:このような障害では,極度の不安を抱いている場合または自分の儀式の施行を妨げられた場合,反抗行動が生じる。

治療

  • 行動変容療法

  • ときに薬剤

基礎にある問題(例,家族機能不全)および併存症(例,ADHD)を同定して是正すべきである。しかし,対処や治療がない場合でもほとんどのODD患児は経時的に徐々に改善する。

まずは,患児の行動をより社会的に適切なものにするために設計された報酬に基づく行動変容プログラムが反抗挑発症に対する第1選択の治療法となる。多くの小児で社会的技能を確立する集団療法が有益となりうる。

ときに,抑うつ障害または不安症に使用される薬剤( 不安症および関連症群の長期治療に使用される薬剤)が有益となることがある。

要点

  • 反抗挑発症では,患児はしばしばかんしゃくを起こし,大人に反抗し,ルールを無視し,故意に他人の気に障ることをするのが典型的である。

  • まずは,報酬に基づく行動変容プログラムを使用し,患児の行動を社会的により適切なものにする;抑うつ障害や不安症の治療に使用される薬剤が有用な場合もある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP