Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

突発性発疹

(小児ばら疹;pseudorubella)

執筆者:

Mary T. Caserta

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2014年 11月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

突発性発疹は,ヒトヘルペスウイルス6B型(HHV-6B)または頻度は下がるがHHV-7によって引き起こされる乳幼児の感染症である。感染により,高熱に加えて解熱中または解熱後に風疹様の発疹が生じるが,局所的な症候はみられない。診断は臨床的に行い,治療は対症療法である。

突発性発疹は,HHV-6によって生じる特徴を最もよく現した疾患である。HHV-6Bは易感染性患者(例,造血幹細胞移植患者)では中枢神経系疾患を引き起こすことがある。突発性発疹は春季および秋季に最もよく発生する。小規模な地域的流行が報告されている。

症状と徴候

潜伏期間は約5~15日である。39.5~40.5℃の発熱が突然生じて,局所の症候を認めることなく3~5日間持続する。高熱にもかかわらず,患児は通常意識清明で活発であるが,熱性痙攣を起こすことがある( 熱性痙攣)。頸部および耳介後部のリンパ節腫脹がしばしばみられる。まれに脳炎または肝炎が発生する。

通常は第4病日に急速に解熱し,解熱後には斑状または斑状丘疹状の発疹が通常は胸部および腹部に顕著に出現し,やや軽度ではあるが顔面および四肢にも生じる;発疹は数時間から2日間持続し,軽症例では気づかれないことがある。HHV-6感染の70%では,古典的な発疹が発生しない。

パール&ピットフォール

  • 突発性発疹における特徴的な発疹は,解熱とともに出現する。

診断

  • 臨床的評価

生後6カ月から3歳の小児に典型的な症状および徴候が認められる場合に本症を疑う。検査が必要になることはまれであるが,培養または血清学的検査により確定診断が可能である。

治療

  • 支持療法

治療は一般に対症療法である。免疫抑制のある重症例の治療にホスカルネットまたはガンシクロビルが使用されているが,比較試験は実施されていない。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP