Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

炎症性腟炎

執筆者:

David E. Soper

, MD, Medical University of South Carolina

最終査読/改訂年月 2015年 1月

炎症性腟炎とは,腟炎の原因となる感染の所見が認められない腟の炎症である。

病因は自己免疫性の場合がある。腟上皮細胞が表面で脱落し,レンサ球菌が過剰増殖する。

主な危険因子は

  • エストロゲンの減少;これは閉経または早発卵巣不全(例,卵巣摘出,骨盤照射,または化学療法による)により生じうる。

性器萎縮により炎症性腟炎が起きやすくなり,再発リスクが高まる。

症状と徴候

膿性帯下,性交痛,排尿困難,および腟の刺激症状が一般的にみられる。腟のそう痒または発赤が生じることもある。灼熱感,痛み,または軽度の出血が起こる頻度はより低い。腟組織は外観上菲薄化し,乾燥している。腟炎は再発しうる。

診断

  • 腟pHおよびウェットマウント

症状が他の腟炎と重複するため,検査(例,腟液pH測定,顕微鏡検査,臭気テスト)が必要である。腟液pH > 6,臭気テストが陰性,および顕微鏡検査で白血球と傍基底細胞が主に認められる場合に,診断がなされる。

治療

  • クリンダマイシン腟クリーム

治療は,クリンダマイシン腟クリーム(5g,毎夕,1週間)による。クリンダマイシンで治療した後,性器萎縮について評価する。性器萎縮がみられる場合には,外用エストロゲンで治療する(例,0.01%エストラジオール腟クリーム2~4g,1日1回,1~2週間,その後1~2g,1日1回,1~2週間,次に1g,週に1~3回;エストラジオール0.5水和物腟錠10μg,週2回;エストラジオールリング3カ月毎)。経口ホルモン療法の安全性に関する懸念により,外用療法が通常望ましい;外用療法は全身作用がより少ない可能性がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP