Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

子宮頸管炎

執筆者:

David E. Soper

, MD, Medical University of South Carolina

最終査読/改訂年月 2015年 1月
本ページのリソース

子宮頸管炎は,頸管に生じる感染性または非感染性の炎症である。所見としては,腟分泌物,性器出血,および頸管の発赤と脆弱性などがみられる。腟炎および骨盤内炎症性疾患の感染性の原因がないか検査し,通常経験的にクラミジアおよび淋菌感染症に対する治療を行う。

急性子宮頸管炎は通常,感染が原因である;慢性子宮頸管炎は通常,感染が原因ではない。子宮頸管炎が上行し,子宮内膜炎および骨盤内炎症性疾患(PID)の原因となることがある。

子宮頸管炎で最も頻度の高い感染性の原因はChlamydia trachomatisであり,次に淋菌(Neisseria gonorrhea)である。その他の原因には,単純ヘルペスウイルス(HSV),腟トリコモナス(Trichomonas vaginalis),性器マイコプラズマ(Mycoplasma genitalium)などがある。しばしば病原体を特定できないことがある。腟炎の一部として頸管が炎症を起こすこともある(例,細菌性腟症,トリコモナス症)。

子宮頸管炎の非感染性の原因には婦人科的手技,異物(例,ペッサリー,バリア式避妊具),化学物質(例,腟洗浄,避妊クリーム),およびアレルゲン(例,ラテックス)などがある。

症状と徴候

子宮頸管炎は症状を起こさないこともある。最も頻度の高い症状は,帯下および月経と月経の間または性交後の性器出血である。性交痛,外陰および/または腟の刺激症状,および/または排尿困難を認める場合もある。

診察所見には,粘液性または粘液膿性の分泌物,頸管の脆弱性(例,スワブで頸管を触った後の出血),頸部の発赤および浮腫が含まれる。

診断

  • 臨床所見

  • 腟炎および性感染症の検査

子宮頸管炎は頸管からの滲出液(粘液性または粘液膿性)または頸管の脆弱性を認める場合に診断される。

特定の原因または他の疾患を示唆する所見としては以下のものがある:

  • 発熱:骨盤内炎症性疾患またはHSV感染症

  • 頸部移動痛:骨盤内炎症性疾患

  • 小水疱,外陰または腟の痛み,および/または潰瘍:HSV感染症

  • 点状出血(「苺状」の斑点):トリコモナス症

骨盤内炎症性疾患( 骨盤内炎症性疾患 (PID) : 診断)の臨床的評価を行い,クラミジア感染症( クラミジア,マイコプラズマ,およびウレアプラズマによる粘膜感染症 : 診断)および淋菌感染症(例,PCRまたは培養による— 淋菌感染症 : 診断),細菌性腟症 ( 細菌性腟症(BV) : 診断),およびトリコモナス症( トリコモナス症 : 診断)の検査を行うべきである。

治療

  • 通常,クラミジアおよび淋菌感染症に対する経験的治療

初診時に急性子宮頸管炎を認める大部分の女性に対し,特に性感染症の危険因子(例,年齢25歳未満,新しいまたは複数のセックスパートナー,無防備な性行為)を有する場合や,フォローアップが確実にできない場合には,クラミジア感染症に対する経験的治療を行うべきである。また,性感染症の危険因子を有する場合,淋菌感染症の地域有病率が高い(例,5%を超える)場合,またはフォローアップを確実に行えない場合は,淋菌感染症に対する経験的治療も行うべきである。

治療は以下で構成される:

  • クラミジア感染症:アジスロマイシン1g,経口,1回,またはドキシサイクリン100mg,経口,1日2回,7日間

  • 淋菌感染症:セフトリアキソン250mg,筋注,1回 + アジスロマイシン1g,経口,1回(淋菌[N. gonorrhoeae]のセファロスポリン系に対する耐性出現のため)

微生物学的検査で原因が同定されれば,その後はそれに応じて適切な治療を行う。

この治療にもかかわらず,子宮頸管炎が持続する場合は,クラミジアおよび淋菌(N. gonorrhoeae)の再感染を除外すべきであり,可能性のある性器マイコプラズマ(M. genitalium)感染をカバーするためにモキシフロキサシン400mg,経口,1日1回,7~10日間(例,10日間)の経験的治療を開始すべきである。

原因が細菌性の性感染症である場合,セックスパートナーの検査を行い,同時に治療すべきである。患者自身およびセックスパートナーの感染がなくなるまで,性交を控えるべきである。

再感染が一般的であるため,クラミジアまたは淋菌感染症が確定した全ての患者は治療後3~6カ月の間に検査を受けるべきである。

要点

  • 急性子宮頸管炎は通常,性感染症が原因であり,骨盤内炎症性疾患の予兆となりうる。

  • 感染は無症状の場合がある。

  • クラミジア感染症,淋菌感染症,細菌性腟症,およびトリコモナス症についての検査を行う。

  • 大部分の女性には初診時にクラミジアおよび淋菌感染症の治療を行う。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP