Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

妊娠中の痙攣性疾患

執筆者:

Lara A. Friel

, MD, PhD, University of Texas Health Medical School at Houston, McGovern Medical School

最終査読/改訂年月 2020年 4月

痙攣性疾患により妊孕性が損なわれることがある。しかし,特定の抗てんかん薬は経口避妊薬の効果を弱め,意図しない妊娠をもたらすことがある。

抗てんかん薬の用量は治療濃度を維持するため妊娠中に増量しなければならないことがある。患者が十分に睡眠をとり,抗てんかん薬の血中濃度が治療域内で維持されていれば,通常は妊娠中の痙攣発作の頻度は増えず,妊娠転帰は良好であるが,以下のリスクがわずかに上昇する。

一般に,妊娠中のコントロール不良の痙攣発作は抗てんかん薬の使用よりも有害であり,したがって,妊娠中の治療で最優先となるのは痙攣発作をコントロールすることである。妊娠前に母体の痙攣を安定させるために,受胎前の神経科医へのコンサルテーションが推奨される。医師は可能な限り少量で,少ない種類の抗てんかん薬を用いるべきである。

先天奇形の頻度は,痙攣性疾患を有する女性から生まれた胎児(6~8%)の方が一般集団の女性から生まれた胎児(2~3%)よりも高い。知的障害のリスクも上昇することがある。これらのリスクには抗てんかん薬の使用だけでなく,患者の痙攣性疾患も関連している可能性がある。新生児の出血性疾患(新生児赤芽球症)のリスクは,子宮内での特定の抗てんかん薬(例,フェニトイン,カルバマゼピン,フェノバルビタール)への曝露によって増大する可能性がある;しかし,ビタミンDを含む妊婦用ビタミン剤を服用し,新生児にビタミンKを投与すれば,出血性疾患の発症はまれである。

妊娠中に服用した場合,フェノバルビタールは新生児によくみられる生理的黄疸を減少させることがあるが,これはおそらく,この薬物が児の肝抱合酵素を誘導するためである。フェニトインが一般に選択される。

全ての抗てんかん薬で葉酸補充の必要性が高まる;4mg,1日1回経口投与する。理想的には,受胎前から開始する。妊娠前に葉酸を摂取しておくことが,神経管閉鎖不全のリスクを低減するのに役立つ。

経腟分娩が通常望ましいが,患者が陣痛中に痙攣発作を繰り返す場合は帝王切開の適応となる。

抗てんかん薬の血中濃度は分娩後に急速に変化するため,注意深くモニタリングすべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP