Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

臍帯脱出

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2016年 1月

臍帯脱出は胎児の先進部の前方に臍帯が位置する異常であり,胎児が分娩中に臍帯を圧迫し,胎児の低酸素血症の原因となる。

臍帯の脱出は以下の可能性がある:

  • 臍帯下垂:臍帯が子宮内にある

  • 臍帯脱出:臍帯が腟内に突出する

どちらもまれである。

臍帯下垂

臍帯下垂においては,臍帯はしばしば肩または頭部によって圧迫される。臍帯圧迫および低酸素血症への進行を示唆する胎児心拍数パターン( 胎児モニタリング)(例,重度の徐脈,重度の変動一過性徐脈)が唯一の手がかりであることがある。

妊婦の姿勢を変えることで,臍帯上の圧迫が軽減する場合がある;しかしながら,異常な胎児心拍数パターンが持続する場合は,即時の帝王切開が必要である。

臍帯脱出

臍帯脱出は破水に伴って起こり,骨盤位または横位でより多くみられる。顕性脱出は頭位でも,特に児頭の嵌入前に破水した場合に(自発的にまたは医原性に)起こりうる。

臍帯脱出の治療はまず先進部を愛護的に挙上し,胎児の血流を回復するために脱出した臍帯から離して保持し続けながら,即時の帝王切開を行う。妊婦の膝を胸に近づけ,テルブタリン0.25mgを静脈内に単回投与することで収縮が軽減し,有用なことがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP