Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

子宮破裂

執筆者:

Julie S. Moldenhauer

, MD, Children's Hospital of Philadelphia

最終査読/改訂年月 2016年 1月

子宮破裂は,子宮の自然な裂傷であり,このため胎児が腹腔に排出されることがある。

子宮破裂はまれである。妊娠後期や有効な陣痛中に起こる可能性がある。

子宮破裂は最も頻繁には,帝王切開の既往がある女性で治癒した瘢痕線に沿って起こる。その他の素因としては,先天性子宮異常および外傷のほか,子宮筋腫核出術や直視下胎児手術など子宮に対するその他の外科手術などがある。

子宮破裂の原因としては以下のものがある:

  • 子宮の過度の伸展(多胎妊娠,羊水過多,胎児異常)

  • 胎児外回転および内回転

  • 医原性の穿孔

  • 子宮収縮薬の過剰な使用

  • 子宮下部の収縮輪が過度の子宮収縮により過伸展状態にあることに気づいていない

帝王切開の既往のある女性が経腟分娩を希望する場合は,子宮破裂のリスクが上昇するためプロスタグランジンを用いるべきではない。

子宮破裂の症状および徴候には,胎児徐脈,変動一過性徐脈,循環血液量減少の所見,胎児のstationが不明(内診で発見される),および重度または持続性の腹痛がある。胎児が子宮から排出され腹腔内にある場合には,合併症発生率と死亡率が有意に高くなる。

診断は開腹によって確認する。

子宮破裂の治療は緊急の開腹と帝王切開および,必要であれば,子宮摘出術である。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP