Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

角膜疾患に関する序論

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2016年 12月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

角膜は,感染,非感染性炎症,潰瘍,機械的損傷,および環境被害を受けやすい。感染症(角膜炎)は,しばしば結膜炎を続発し,ウイルス,細菌,Acanthamoebaまたは真菌によって引き起こされうる。潰瘍は通常,角膜炎の進行を表す。単純な結膜炎ではなく,角膜病変を示唆する症状としては,疼痛(特に光に曝露した際)や視力低下などがある。角膜の評価には,細隙灯顕微鏡検査,およびときに微生物学的検査を要する。

パール&ピットフォール

  • 眼に充血があり,疼痛,異物感,および/または視力低下を伴う患者では,細隙灯顕微鏡検査およびフルオレセイン染色を行う。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP