Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

角膜実質炎

(実質性角膜炎)

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2016年 12月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

角膜実質炎は,慢性非潰瘍性の角膜実質(角膜の中間層)の炎症で,ときにぶどう膜炎を合併する。原因は通常感染性である。症状は,羞明,疼痛,流涙,および霧視である。診断は,細隙灯顕微鏡検査および原因確定のための血清学的検査による。治療は原因に対して行い,コルチコステロイドの局所投与が必要なこともある。

角膜実質炎は,特定の角膜感染症の症候で,米国ではまれである。大部分の症例は,先天梅毒の晩期合併症として小児または青年に起こる。最終的に両眼が侵されることがある。似ているが,それほど劇症ではない両眼性角膜炎が,コーガン症候群ライム病,およびエプスタイン-バーウイルス感染症で起こる。まれに,後天梅毒,単純ヘルペス,帯状疱疹,または結核により片眼性疾患が成人に起こる。

症状と徴候

羞明,疼痛,流涙,および霧視が一般的である。病変は角膜実質の斑点状の炎症として始まり,混濁を生じる。典型的には梅毒およびときに他の原因により角膜全体にすりガラス様の外観が現れ,虹彩が見えにくくなる。新たな血管が角膜輪部から侵入(血管新生)し,橙赤色の領域(サーモンパッチ)を形成する。梅毒性角膜実質炎では前部ぶどう膜炎および脈絡膜炎が一般的である。炎症および新生血管は通常1~2カ月後に消退し始める。通常,ある程度の角膜混濁が残り,軽度から中等度の視覚障害が生じる。

診断

  • 細隙灯顕微鏡検査での角膜混濁およびその他の典型的所見

  • 病因を特定するための血清学的検査

具体的な病因を特定しなければならない。先天梅毒の徴候,前庭聴覚症状,発疹が拡大した病歴,およびマダニへの曝露が,具体的な病因の裏付けとなる。しかしながら,全ての患者に対して以下のものを全て含む血清学的検査を行うべきである:

  • FTA-ABS(トレポネーマ蛍光抗体吸収試験)またはMHA-TP(Treponema pallidumに対する赤血球凝集反応)

  • ライム病抗体価

  • エプスタイン-バーウイルス抗体パネル

血清学的検査の結果が陰性の患者はコーガン症候群を有する可能性があり,コーガン症候群は角膜実質炎および前庭聴覚障害からなる特発性の症候群である。永久的な前庭聴覚障害を予防するために,難聴,耳鳴,または回転性めまいといった症状があれば,緊急に耳鼻咽喉科医に紹介する必要がある。

治療

  • ときにコルチコステロイドの局所投与

角膜炎は,基礎疾患の治療により消退することがある。1%プレドニゾロン1日4回などのコルチコステロイドによる局所療法の追加が,しばしば推奨される。これらの患者の治療は眼科医が行うべきである。

要点

  • 角膜実質炎は,米国ではまれな角膜中間層の慢性炎症である。

  • 所見には,疼痛,流涙,視力低下に加え,しばしば角膜の橙赤色化および前部ぶどう膜炎などがある。

  • 梅毒,ライム病,およびエプスタイン-バーウイルス感染症の検査を行う。

  • 治療は眼科医によって行われる;ときにコルチコステロイドの局所薬が処方される。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP