Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

単純ヘルペス角膜炎

(単純ヘルペス角結膜炎)

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2016年 12月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

単純ヘルペス角膜炎は単純ヘルペスウイルスによる角膜感染症である。虹彩を侵すこともある。症状と徴候には,異物感,流涙,羞明,および結膜充血などがある。再発頻度は高く,角膜知覚低下,潰瘍,永久的な瘢痕化,および視力低下を起こすことがある。診断は,特徴的な樹枝状角膜潰瘍,およびときにウイルス培養に基づいて行う。治療は,抗ウイルス薬の局所投与,場合により全身投与による。

単純ヘルペスは通常角膜表層を侵すが,ときに角膜実質(角膜のより深層)を侵すこともある。実質病変はおそらくウイルスに対する免疫反応である。

全ての単純ヘルペスウイルス感染症と同様に,一次感染があり,その後の潜伏期にウイルスが神経根に感染する。潜伏ウイルスが再活性化し,再発症状を引き起こすことがある。

症状と徴候

一次感染

初期(一次)感染は通常非特異的で自然に治癒する結膜炎で,しばしば小児前期に起こり,通常角膜病変を伴わない。角膜が侵された場合,初期症状として,異物感,流涙,羞明,および結膜充血などがみられる。ときに小水疱性眼瞼炎(眼瞼上の水疱)が続発し,症状が悪化して霧視を生じ,また水疱が破れて潰瘍を生じ,次いで約1週間以内に瘢痕化を伴うことなく治癒する。

反復性感染

再発は通常,角膜上皮炎の形をとり(樹枝状角膜炎ともいう),流涙,異物感,および特徴的な角膜上皮の枝状病変(樹枝状または蛇状)を伴い,これは末端がこぶ状になっておりフルオレセインで染色される。再発を繰り返すと,角膜知覚低下または知覚消失,潰瘍,永久的な瘢痕化,および視力低下を生じることがある。

実質病変

主に角膜内皮を侵す円板状角膜炎の患者ではほとんどに角膜上皮炎の既往がある。円板状角膜炎は,より深く,円板状で限局性の続発性角膜浮腫および混濁で,前部ぶどう膜炎を伴う。この病態は疼痛および視力障害を生じうる。

角膜実質炎は,実質の壊死および重度の疼痛,羞明,異物感,ならびに視力低下を生じうる。

診断

  • 細隙灯顕微鏡検査

細隙灯顕微鏡検査は必須である。ほとんどの症例で,樹枝状病変の所見のみで診断が確定できる。外観から結論がつかない場合は,病変部のウイルス培養により診断を確定できる。

治療

  • ガンシクロビルまたはトリフルリジン点眼

  • アシクロビルまたはバラシクロビルの経口投与または静注

  • 実質病変またはぶどう膜炎には,抗ウイルス薬に加えてコルチコステロイドの局所投与

ほとんどの患者は眼科医が管理する。実質病変またはぶどう膜炎が発生した場合は,治療はより複雑になるため眼科医への紹介が必須である。

外用療法(例,0.15%ガンシクロビルゲルを日中に3時間毎[1日5回],または1%トリフルリジン点眼薬を日中に2時間毎[1日9回])が通常は効果的である。場合によっては,アシクロビル400mgを経口にて1日5回(もしくは単純ヘルペス角膜炎の再発で1日3回),またはバラシクロビル1000mgを経口にて1日2回の投与が適応となる。易感染性患者では,抗ウイルス薬の静注(例,アシクロビル5mg/kgを静注にて8時間毎に7日間)が必要になることがある。樹枝状病変を囲む角膜上皮がもろく浮腫状の場合は,薬物療法開始前に綿棒でそっとぬぐって除去することにより治癒が早まることがある。

コルチコステロイドの局所投与は角膜上皮炎に禁忌であるが,後期の実質病変(円板状角膜炎もしくは角膜実質炎)またはぶどう膜炎を管理する上で,抗ウイルス薬と併用する場合は効果的なことがある。このような症例では,最初に1%酢酸プレドニゾロンを2時間毎に点眼することがあり,症状の改善に応じて間隔を4~8時間毎に延長する。羞明を緩和するための外用薬には,1%アトロピンまたは0.25%スコポラミンの1日3回投与などがある。

要点

  • 単純ヘルペス角膜炎は,典型的に非特異的で自然に治癒する結膜炎であった単純ヘルペスによる眼への一次感染症の再発である。

  • 特徴的に所見には,枝分かれした樹枝状もしくは蛇状の角膜病変(樹枝状角膜炎を示す),または円板状の局所性の角膜浮腫および混濁とそれに伴う前部ぶどう膜炎(円板状角膜炎を示す)などがある。

  • 診断は樹枝状潰瘍所見またはウイルス培養によって確定される。

  • 治療には抗ウイルス薬を要し,通常ガンシクロビルもしくはトリフルリジンの点眼薬またはアシクロビルもしくはバラシクロビルの経口薬を用いる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP