Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

フリクテン性角結膜炎

(フリクテン性結膜炎;フリクテン症)

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2016年 12月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

フリクテン性角結膜炎は角膜および結膜の細菌性抗原に対する過敏反応で,角膜または結膜の炎症による孤立性隆起部を特徴とする。

フリクテン性角結膜炎は細菌性抗原,主にブドウ球菌に対する過敏反応の結果生じるが,結核,クラミジア(Chlamydia),およびその他の因子が関与するとされている。小児により多い。患者の多くは眼瞼炎も有する。

角膜輪部,角膜上,または眼球結膜上に黄灰色の小結節(小フリクテン)からなる多数の病変が現れ,数日から2週間続く。結膜上では,これらの小結節は潰瘍化するが,瘢痕を残さずに治癒する。角膜が侵された場合は,重度の流涙,羞明,霧視,疼痛,および異物感が顕著になることがある。頻繁な再発,特に二次感染を伴う場合は,視力障害を伴う角膜混濁および血管新生に至ることがある。

診断は特徴的な臨床所見による。結核の検査が適応になることもある(例,リスクのある患者に対して)。

非結核性症例の治療はコルチコステロイドと抗菌薬の局所併用投与による。脂漏性眼瞼炎を伴う場合は,眼瞼のこすり洗いが再発予防に役立つことがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP