Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

網膜上膜

(黄斑ひだ;セロファン黄斑症;黄斑前線維症)

執筆者:

Sonia Mehta

, MD, Vitreoretinal Diseases and Surgery Service, Wills Eye Hospital, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 1月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

網膜上膜では,網膜上に薄い線維性の膜が形成され,それが収縮するために,その下の網膜に皺が生じて視覚が障害される。

網膜上膜が発生するのは,典型的に50歳以後であり,最も多いのは75歳以上である。

網膜上膜の危険因子は以下のものである:

  • 糖尿病網膜症

  • ぶどう膜炎

  • 網膜裂孔または剥離

  • 眼損傷

ほとんどの場合が特発性である。

症状として霧視または変視症(例,直線が波打って見える)が生じることがある。多くの患者がラップまたはセロファンを通して見ているようだと訴える。診断は眼底検査による。場合によっては,フルオレセイン蛍光眼底造影および光干渉断層撮影も有用である。

ほとんどの患者で治療は不要である。視覚の問題が重大である場合,硝子体切除術および膜剥離により膜を外科的に除去できる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP