Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

霰粒腫および麦粒腫(ものもらい)

執筆者:

James Garrity

, MD, Mayo Clinic College of Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 7月
本ページのリソース

霰粒腫および麦粒腫(ものもらい)は,突然発症する局所性の眼瞼腫脹である。霰粒腫は非感染性のマイボーム腺閉塞により生じ,他方の麦粒腫は通常感染により生じる。いずれの疾患も初期は眼瞼の充血および浮腫,腫脹,ならびに疼痛を引き起こす。時間とともに霰粒腫は眼瞼中央の小さく圧痛のない結節となる一方,麦粒腫では疼痛が持続し,病変は眼瞼縁に限局する。診断は臨床的に行う。治療は主に温罨法による。両疾患とも自然に改善するが,治癒促進のために切開または,霰粒腫では病変内へのコルチコステロイド投与を行うことがある。

霰粒腫

霰粒腫は非感染性のマイボーム腺閉塞で,眼瞼軟部組織における刺激性の脂質物質の漏出,およびそれに続発する局所的な肉芽腫性炎症を引き起こす。異常に濃度の高いマイボーム腺分泌物を生じる疾患(例,マイボーム腺機能不全,酒さ性ざ瘡)は,マイボーム腺閉塞のリスクを高める。

麦粒腫

麦粒腫(ものもらい)は,急性で限局性の眼瞼腫脹で外麦粒腫または内麦粒腫があり,通常は膿性(典型的にはブドウ球菌性)の感染症または膿瘍である。ほとんどの麦粒腫は外麦粒腫であり,睫毛包および隣接するツァイス腺またはモル腺の閉塞および感染によって生じる。毛包の閉塞は眼瞼炎を伴うことがある。内麦粒腫は非常にまれで,マイボーム腺の感染により生じる。ときに蜂窩織炎が麦粒腫に合併する。

症状と徴候

麦粒腫および霰粒腫は各々眼瞼の発赤,腫脹,および疼痛を引き起こす。

霰粒腫

初期は眼瞼がびまん性に腫脹する。ときに眼瞼が著しく腫脹し,眼を完全に覆い隠すことがある。1~2日後,霰粒腫は眼瞼の体部に限局する。典型的には,小さな圧痛のない結節または腫瘤が出現する。霰粒腫は通常眼瞼の内表面を介して排出されたり,2~8週間かけて自然吸収されたりする;まれに,より長期間持続する。大きさおよび位置によっては,霰粒腫は角膜にかかり,わずかに霧視を生じることがある。

麦粒腫

1~2日後,外麦粒腫は眼瞼縁に限局する。流涙,羞明,および異物感を生じることがある。典型的には,睫毛の基部に小さく黄色い膿疱が生じ,周囲を充血,硬結,およびびまん性浮腫が取り囲む。2~4日以内に,病変は破裂し,内容液(しばしば膿)が放出され,その結果痛みが緩和し病変が回復に向かう。

内麦粒腫の症状は霰粒腫と同じく,後方の眼瞼結膜表面に限局する疼痛,発赤,および浮腫である。炎症が重度であることもあり,ときに発熱および悪寒を伴う。眼瞼結膜の視診では,腺の患部で小隆起または黄変を認める。後に,膿瘍を形成する。自然破裂はまれである;しかしながら,起こるとすれば通常眼瞼の結膜側であり,ときに眼瞼の皮膚側に破裂することがある。再発がよくみられる。

診断

  • 臨床的評価

霰粒腫および内外の麦粒腫の診断は臨床的に行うが,初期の2日間は臨床的に鑑別できない可能性がある。内麦粒腫は非常にまれであるため,炎症が重度であったり,発熱または悪寒が認められたりしない限り,通常疑われることはない。霰粒腫または麦粒腫が下眼瞼の内眼角近くに位置する場合は涙嚢炎および涙小管炎と鑑別する必要があるが,通常硬結および圧痛が最も強い場所(例,霰粒腫では眼瞼,涙嚢炎では鼻側に近い内眼角下部,そして涙小管炎では涙点のあたり)を注意深く観察することにより涙嚢炎を除外できる。治療に反応しない慢性霰粒腫では眼瞼腫瘍を除外するために生検が必要となる。

治療

  • 温罨法

  • ときにドレナージまたは薬物療法

温罨法を1日2~3回,5~10分間使用することで,霰粒腫および外部麦粒腫の治癒を早めることができる。

霰粒腫

霰粒腫が大きく,外見上問題があり,保存療法にもかかわらず数週間以上にわたり持続する場合は,切開および掻爬またはコルチコステロイドの霰粒腫内投与療法(0.05~0.2mLトリアムシノロン,25mg/mL)が適応となりうる。

麦粒腫

温罨法に反応しない外麦粒腫は,鋭く,尖った刃で切除することもある。麦粒腫に眼窩隔膜前蜂窩織炎を伴う場合は,抗菌薬全身投与(例,ジクロキサシリンまたはエリスロマイシン250mg,経口にて1日4回)の適応となる。

内麦粒腫の治療は,抗菌薬経口投与および必要に応じて切開排膿が行われる。抗菌薬の局所投与は,通常無効である。

要点

  • 霰粒腫と麦粒腫は,ともに初期に眼瞼の充血・浮腫,腫脹,および疼痛を引き起こし,数日間は臨床的に鑑別できない可能性がある。

  • 麦粒腫では痛みが残り,眼瞼縁に局在化する。

  • 温罨法が両病変の治癒を早めることがある。

  • その他に必要となりうる治療には,コルチコステロイドの病変内注射(霰粒腫),および切開かつ/または抗菌薬(麦粒腫)などがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP