Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

眼瞼内反と眼瞼外反

執筆者:

James Garrity

, MD, Mayo Clinic College of Medicine

最終査読/改訂年月 2016年 7月
本ページのリソース

眼瞼内反とは片方の眼瞼が内反することである。眼瞼外反とは下眼瞼が外反することである。

眼瞼内反

眼瞼内反は加齢に伴う組織の弛緩,感染後の変化(特にトラコーマ),外傷後の変化,または眼瞼痙攣により起こる。睫毛が眼球に触れ,角膜潰瘍および角膜瘢痕を生じることがある。症状としては,異物感,流涙,充血などが生じうる。診断は臨床的に行う。根治療法は手術である。

眼瞼外反

眼瞼外反(下眼瞼の外反)は,加齢に伴う組織の弛緩,第7脳神経麻痺,および外傷後または術後の変化により起こる。症状は,流涙(鼻涙管が眼球に接触しなくなり,涙の排出が不良になるため)およびドライアイの症状である。診断は臨床的に行う。対症療法には,涙液補充および,夜間は眼球への潤滑剤塗布などがありうる;根治療法は手術である。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP