Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

内耳疾患に関する序論

執筆者:

Lawrence R. Lustig

, MD,

  • Columbia University Medical Center and New York Presbyterian Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 1月
本ページのリソース

難聴。)

内耳は側頭骨の錐体部に位置する。この骨の内部に骨迷路があり,その内部に膜迷路がある。骨迷路には,前庭系(半規管および前庭から成る)と蝸牛が含まれる。

前庭系は平衡と姿勢をつかさどり,球形嚢,卵形嚢,および半規管から成る。球形嚢および卵形嚢には,頭部の直線的な動き(加速を感じる)または上下の動き(重力を感じる)を感じる細胞がある。三半規管は角度のついた頭部の回転を感じる。頭部が動く方向に応じて,三半規管のいずれか1つの中にあるリンパ液の動きが他より大きくなる。三半規管の有毛細胞は体液の動きに反応し,脳がバランスを維持するために適切な行動を取れるように,神経インパルスを発する。

聴覚をつかさどる蝸牛は,リンパ液で満たされている。蝸牛内には約3万個の有毛細胞から構成されるコルチ器がある。有毛細胞の線毛は体液内へと伸び,ゼラチン質の膜に埋没している。音の振動が耳小骨から中耳および卵形窓を伝って内耳へ届き,内耳でその振動によって体液と線毛が振動する。振動は電気信号に変換され,脳へと送られる。内耳内の細胞を損傷し難聴を引き起こしうる環境因子は数多くある。最も重要なものの1つは,大きな騒音への曝露である。中耳の骨を緊張させ大きな音を弱めるアブミ骨筋反射の防御作用にもかかわらず,大きな騒音は有毛細胞を損傷し永久的に破壊しうる。大きな騒音に曝露し続けると進行性の損傷が起こり,最終的には難聴およびときに耳鳴が発生する。

内耳疾患としては以下のものがある:

耳の内部

耳の内部
ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP