Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

脂肪腫

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 6月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

脂肪腫は,脂肪細胞で構成される可動性のある軟らかい皮下結節であり,表面を覆う皮膚は正常に見える。

脂肪腫は非常に頻度の高い良性腫瘍であり,通常は単発性であるが,脂肪腫が多発する患者もいる。好発部位は四肢近位部,体幹,および頸部である。多発性の脂肪腫は,家族性である場合や,様々な症候群が関連している場合がある。

脂肪腫は通常は無症状であるが,圧痛または疼痛を伴うこともある。脂肪腫は通常,皮下で容易に動かすことができる。脂肪腫は概して軟らかいが,比較的硬くなるものもある。

脂肪腫の診断は臨床的に行うのが通常であるが,急速に増大する病変には生検を行うべきである。

治療

  • 煩わしい場合は切除または脂肪吸引

治療は通常不要であるが,患者が脂肪腫を煩わしく思う場合は,切除または脂肪吸引で除去してもよい。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP