Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

脂漏性角化症

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 6月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

脂漏性角化症は,しばしば色素沈着を伴う表在性の上皮性病変で,通常は疣状であるが,平滑な丘疹として生じることもある。

原因は不明であるが,特定の病型で遺伝子変異が同定されている。一般的に病変は中年以降に生じ,体幹および側頭部に好発する。皮膚の色の濃い人々では,1~3mm大の病変が頬骨上に多発することがあり,この病態は黒色丘疹性皮膚症(dermatosis papulosa nigra)と呼ばれている。

脂漏性角化症の病変は大きさが一様でなく,緩徐に増大する。形状は円形または卵円形で,色調は皮膚常色,褐色,または黒色である。通常は皮膚面に張り付いているように見え,表面は疣状,ビロード状,または蝋様であったり,鱗屑や痂皮が付着していたりする。

特定の悪性腫瘍(例,リンパ腫,消化管悪性腫瘍)を有する患者に生じた脂漏性角化症のうち,病変が大きいもの,多発性のもの,発生が急激なものは,皮膚の腫瘍随伴症候群(Leser-Trélat徴候)である可能性がある。

脂漏性角化症の診断は臨床的に行う。

治療

  • 煩わしい場合のみ病変の除去

前癌病変ではないため,刺激感,そう痒,整容上の問題がなければ治療の必要はない。

凍結療法を行うか(色素減少を来すことがある),リドカインの局所注射後に電気乾固および摘除を行うことで,ほとんどまたは全く瘢痕を残すことなく病変を除去できる可能性がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP