Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

皮膚の血管性病変

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 6月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

血管性病変には,後天性のもの(例,化膿性肉芽腫)と,生下時から存在するか,出生直後に出現するもの(血管性のあざ)がある。

血管性のあざには,血管腫瘍(例,乳児血管腫)と血管奇形が含まれる。

血管奇形 は,脈管系の形態形成における限局性の欠陥によって先天性に生じ,生涯持続する病変であり,具体的には毛細血管奇形(例,火焔状母斑),静脈奇形,動静脈奇形(例,蔓状動脈瘤),およびリンパ管奇形がある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP