Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

リンパ管奇形

(リンパ管腫;限局性リンパ管腫;嚢腫状リンパ管腫;海綿状リンパ管腫)

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2016年 6月
ここをクリックすると家庭版へ移動します
本ページのリソース

リンパ管奇形は,拡張したリンパ管から構成される隆起性病変である。

大半のリンパ管奇形は,生下時からみられるか,生後2年以内に発生する。

病変は通常黄色を帯びた淡褐色であるが,小血管が混ざると,ときに赤色調または紫色になる。病変部を穿刺すると,無色または血液の混じった液が排出される。

リンパ管奇形の診断は臨床所見とMRIにより行う。

治療

  • 通常は不要

通常,リンパ管奇形に治療は必要ない。病変を切除する場合は,たとえ皮膚および皮下組織を広範に切除しても,再発がよくみられる。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP