Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

皮膚膿瘍

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2013年 5月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

皮膚膿瘍は,皮膚の中に膿が限局性に貯留した状態であり,あらゆる皮膚表面に生じる可能性がある。症状と徴候は,疼痛および圧痛と硬い腫脹または波動を触れる腫脹である。診断は通常,診察により明らかとなる。治療は切開排膿である。

皮膚膿瘍の原因菌は,典型的には患部の皮膚の常在菌である。体幹,四肢,腋窩,または頭頸部の膿瘍では,最も頻度の高い原因菌は黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)とレンサ球菌である。近年,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(S. aureus)(MRSA)が原因菌として増加してきている。

会陰(すなわち,鼠径部,腟,殿部,直腸周囲)の膿瘍には,糞便中に存在する菌が含まれ,通常それらの菌は嫌気性菌であるか,好気性菌と嫌気性菌が混在する。ようとせつは,毛包を基盤として発生する皮膚膿瘍であり,いくつかの特徴を有する( せつとよう )。

皮膚膿瘍は,細菌の異常増殖が起きた患者,外傷後の患者(特に異物がある場合),および免疫不全または循環不全のある患者で生じやすい傾向がある。

症状と徴候

皮膚膿瘍は,疼痛および圧痛を伴い,硬結を触れ,通常は紅斑性である。皮膚膿瘍の大きさは様々で,典型例では長さ1~3cmであるが,それよりはるかに大きいこともある。当初は腫脹は硬く,後に膿瘍に膿点が形成されると,膿瘍を覆っている皮膚が菲薄化し,波動を触れるようになる。その後,膿瘍は自然に排膿することがある。随伴する所見は様々で,局所の蜂窩織炎,リンパ管炎,所属リンパ節腫脹,発熱,白血球増多などがある。

診断

  • 診察

  • MRSAを同定するための培養

診断は通常,診察により明らかとなる。培養が推奨される(主にMRSAを同定するため)。

単純な皮膚膿瘍に類似する病態として,化膿性汗腺炎( 化膿性汗腺炎)と破裂した表皮嚢腫がある。表皮嚢腫(しばしば脂腺嚢腫と呼ばれるが不正確な用語である)が感染を起こすことはまれであるが,破裂するとケラチンが真皮に放出され,激しい炎症反応を惹起して,臨床的に感染に類似することがある。このような破裂した嚢腫で培養を行っても,細菌が検出されることはほとんどない。会陰の膿瘍は,より深部にある直腸周囲膿瘍が皮膚に出現した状態や,クローン病の病変から瘻孔を介して排膿が生じている状態である可能性がある。これらの他疾患は通常,病歴および直腸診で確認できる。

治療

  • 切開排膿

  • ときに抗菌薬

小さな膿瘍の一部は無治療でも消退し,膿点を形成して排膿する。温罨法はこの過程を促進するのに役立つ。疼痛,圧痛,および腫脹が強い場合は,切開排膿の適応であり,波動がみられるまで待つ必要はない。清潔下で,リドカインの注射または冷凍スプレーのいずれかで局所麻酔を行う。

極めて強い疼痛を伴う大きな膿瘍がある患者では,排膿中の鎮静薬および鎮痛薬の静注が有益となりうる。メスの刃先で1カ所を穿刺すれば,膿瘍を開放するのに十分であることが多い。排膿後は,隔壁を除去するために膿瘍腔を手袋をした指で鈍的に探るか掻爬し,生理食塩水で洗浄する。膿瘍腔にガーゼ片を緩く詰め,24~48時間後に除去する方法を用いる臨床医もいる。局所の加温と挙上により,炎症の消退が早まることがある。

全身性感染症の徴候,蜂窩織炎,多発性膿瘍,易感染性,または海綿静脈洞に還流する領域の顔面膿瘍がみられない限り,抗菌薬は不要である。そのような症例では,細菌培養の結果を待つ間にMRSAに有効な薬剤(例,トリメトプリム/スルファメトキサゾール,クリンダマイシン;重症感染症にはバンコマイシン)による経験的治療を開始すべきである。

要点

  • 病原体は患部の微生物叢(例,体幹,腋窩,頭頸部の黄色ブドウ球菌[S. aureus]およびレンサ球菌)を反映するが,MRSAの頻度が増加してきている。

  • MRSAを同定するために膿瘍の検体で培養を行う。

  • 顕著な疼痛,圧痛,腫脹を伴う膿瘍は排膿し,十分な鎮痛薬と適応があれば鎮静薬を使用する。

  • 単純な膿瘍には抗菌薬は使用しない。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP